【Lucia】
 初めまして。もしくはお久しぶり。当ブログ原管理者のルシア・バークリーです。
 今さらですけど、このブログについて説明させていただきますね。

 このブログは、トミーウォーカー社が運営しているPBWでの活動報告を基本に、ちょくちょく普通の政治・経済・事件も取り扱っています。
 ただし背後はガチで自民党支持なので、ご了承ください。
 面倒なので、特亜三国は極力スルーします。日本の政局も難しいのであまり触れませんが、選挙後なんかには、話題に取り上げることもあります。

 それでは、詳しい説明、行ってみましょう。キャラクターのステータスも「Read More...」からリンクしてありますので、御用の折はそちらまで。
2037.12.31 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「先のサイキックリベレイター投票で学園の方針として決まった『民間活動』に行ってきた
   っすよ」


  シナリオ『民間活動~人間将棋的な何か』

紅緋「全てのダークネス組織を滅ぼした後を見据えた、この世の本当のことを一般人に伝えて
   いく活動ですね」

アリス「バベルの鎖があるから、真実を伝えられるのは実際に目撃した人に限定されるけどね」
ギィ「そうなんすよね。だから自分、相談段階で『防災無線で市民を現場に呼び集める』って
   案を出したんすけど、皆さん予想以上に消極的で……」

紅緋「これまで、いかに人目につかず戦うかという方針でやってきたのを180度反転させる
   わけですから、なかなか切替が出来ないんじゃないです?」

ギィ「自分としては、群衆レベルの観客を希望してたんすよ。それくらいに一気に見せないと、
   到底意識の変革は出来ないっすから」

アリス「大がかりな活動は、中間投票で決定するんじゃない? 選択肢にクーデターまで
   入ってるって噂の」

ギィ「ああ、その投票からクーデターを外すよう事後行動送っておいたっす。いくら何でも無茶
   っすから」

紅緋「それにしても、民間活動はいつまで続ければいいんでしょう?」
アリス「敵対組織の殲滅が目的じゃないから、学園の上層部が『もう十分』と手応えを感じた
   ときじゃないかしら?」

ギィ「まだしばらく続きそうっすね。自分が民間活動に行ったんで4票、アリスと紅緋ちゃんが
   1票ずつ。うなずける選択肢がでればいいんすけど」
2018.02.13 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
セレネー「2月3日の飢餓オウガ遭遇戦から間を置かず、定命化したオウガの女神ラクシュミ
   さんが彼らの母星プラブータの窮状を訴えに来ました」

アルフ「どうやら、オウガの惑星プラブータはレプリゼンタ・クルウルクの眷属に襲撃されて
   滅亡したみたいですね。このオグン・ソード・ミリシャとかいう眷属、倒すたびにより強大
   になって復活するっていう、オウガとはとことん相性が悪い存在です」

連「コギトエルゴスムにさえならないってのが、デウスエクスの中でも反則的な感じ? まあ、
   あたし達ケルベロスなら、普通に討滅出来るみたいだけど」

アーティ「それでまあ、邪神の眷属を放置しておくとやばいってのと、女神がそうだったように、
   オウガも理性を取り戻せば多くがケルベロス化するだろうという戦力確保のため、強行
   探索隊をプラブータに送り出してオウガのコギトエルゴスムを回収することになった
   わけだ」

セレネー「私も応募したんですけどね。落ちました。やっぱり朝に一度は、順位チェックしないと
   まずかったか」

アルフ「まあ、いいんじゃないです? 背後さんの懐のダメージは、その分軽くなりましたし」
連「あー、余ったウェブマネーで本買ったんだっけ?」
アーティ「その辺はどうでもいい話だ。出発は12日だから、返却は20日か? その時点で
   オウガが合流してきそうだな」

アルフ「ちょうど、《緋》の彼女をどうするかということを考えていたわけですし、ちょうどぴったり
   なんじゃありませんか?」

連「そっちも、まああたし達には関係ない話だけどね。とにかく報告を待とう」
2018.02.06 Tue l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
連「今日は節分! ということで鬼退治してきたよ!」
セレネー「退治しちゃだめじゃないですか。オウガの方々をコギトエルゴスムにして保護したん
   でしょう?」

連「もう、細かいところにこだわるなぁ」
アルフ「いやいや、それ大きな違いですって」
連「まあいいじゃん。ってわけで、報告いくよ。まずあたし」

  シナリオ『オウガ遭遇戦~鬼は来りて飢えに喘ぐ』

連「ベッカが優先依頼引き当てたから、運命使って参加した。全編ラブラブってわけにはいか
 なかったけど、全員立ったまま12分耐えきって、饑餓オウガは無事コギトエルゴスムになり
 ました」

アーティ「はい、おつかれ。ケルベロスそれぞれに焦点を当ててから本編に入るスタイルか。
   最後に吉備津神社へ向かってるのも、そういうところまで描いたリプレイはあまり多く
   ない印象だが」

連「そうねぇ。ベッカと一緒に何度もイベシナに参加したし、あたし達二人は完全にキャラの
 把握ができてたんでしょう。他の人たちもそれなりに?」

セレネー「それでは、次は私です」

  シナリオ『オウガ遭遇戦~2月3日の鬼』

アルフ「えーと、セレネーさんの行動の端々に微妙な表現が混じってるんですが?」
セレネー「あー、それですか。……ええと、依頼への参加が決定した晩に、告った相手に振られ
   たんですよ。ヘリオンの中でもそれを引きずってたんですけど、生死の端境に立つと、
   さすがに雑念なんて消えていきますね」

アルフ「ご愁傷様です」
アーティ「まあ、ケルベロスの半分は野郎だ。そこから適当なの見繕え」
連「というか、背後の人がお見合いを考えてたみたいだけど?」
セレネー「蹴りましたよ、あんな話。私にだって好みはあります。思い人は自分で見つけてみせ
   ますから!」
2018.02.03 Sat l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
アリス「今日は節分。ということで、鬼の都市伝説を灼滅してきたわ。なんでも『最強の鬼』
   だって」


  シナリオ『最強最凶の鬼、現る!?』

紅緋「いやー、これはなんとも、小学生男子が考えそうな。重装甲、高火力、飛行可能、魔法の
   金棒、そして最後はドラゴンに変身」

アリス「『盛りすぎ』よ、これは。最後のドラゴン変身だって、オリエントのロンじゃなく西洋風の
   四足竜だった」

紅緋「子供のお遊びにお付き合い、お疲れ様でした」
アリス「たとえ戯言だろうと、都市伝説になった以上は私たちの領分だわ。相手は選びたい
   けど、仕方がない。ま、今回でカンストしたからしばらくはのんびりよ」

紅緋「そういえば、今日はギィさんがやけに静ですけど、いますよね?」
ギィ「ちゃんとここにいるっすよ……。今日出発の依頼の相談で疲れやしてね。ま、その話は
   結果が出た後に」

紅緋。oO(なんだか大変そうだなぁ……)
2018.02.03 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲