FC2ブログ
【Lucia】
 初めまして。もしくはお久しぶり。当ブログ原管理者のルシア・バークリーです。
 今さらですけど、このブログについて説明させていただきますね。

 このブログは、トミーウォーカー社が運営しているPBWでの活動報告を基本に、ちょくちょく普通の政治・経済・事件も取り扱っています。
 ただし背後はガチで自民党支持なので、ご了承ください。
 面倒なので、特亜三国は極力スルーします。日本の政局も難しいのであまり触れませんが、選挙後なんかには、話題に取り上げることもあります。

 それでは、詳しい説明、行ってみましょう。キャラクターのステータスも「Read More...」からリンクしてありますので、御用の折はそちらまで。
2037.12.31 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アルフ「遅くなりましたが、リザレクト・ジェネシス追撃戦は、全ての有力デウスエクスを殲滅
   することが出来ました!」

連「生き残っていた拠点級ダモクレスに魔竜をはじめとしたドラゴン、死神集団ネレイデス。これ
   ら全て殲滅出来たのは成果よね」

アーティ「だが、ドラゴン勢力が居座っていた城ヶ島に、固定型魔空回廊が再び開かれて
   しまった。これで彼の地はドラゴンどもの橋頭堡になり、さらに日本海側の封印城バビ
   ロンにとりついた要塞竜母タラスクとの連携で、日本列島を引き裂く『日本切断計画』
   なるものまで発動される始末だ」

セレネー「それでも、機動増殖阻止作戦が踏破回数八万回を超えたことで、すぐにも事態が
   動くことは避けられました」

アーティ「この周回やってたから、こっちに顔出す余裕がなくなってたんだよな。片が付いてよう
   やくというところだ」

連「ただ、これで解決したわけじゃなくて、竜母タラスクの本体を討滅する依頼とか、城ヶ島再
   奪還戦とかあるはずだよ。それに備えよう」

アルフ「はい、ボクら程度でいいのならいくらでも」
アーティ「悪いが、俺は参加出来ん。知人の宿縁邂逅を手助けする約束をしちまったんでな」
アルフ「ボクらの中で唯一、前回の城ヶ島に向かった経験のあるアルトゥーロさんが参加出来
   ないのは、なんて言うか残念ですね」

アーティ「これも浮世の義理ってやつだ。ドラゴンどもは任せる。俺は俺の戦場で戦ってくるさ」
2019.01.14 Mon l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Alfred】
アリス「私達の世界『サイキックハーツ』の幕は下りたわ。私達はもう、ここに出てくる存在じゃ
   ない」

アルフ「皆さん、お疲れ様でした。後はボクたちが引き継いでいきます」
アリス「そうね。受け継ぎ、受け継がれ。そのサイクルの中に私もあなたもいるのだわ」
アルフ「何か……言い残したいことはありますか?」
アリス「それこそ今更だわ。想いも望みも全部、私達の世界に刻み込んできた。もう、語るべき
   詞は使い果たしたのよ」

アルフ「……そうですか」
アリス「――それじゃ、私の最後の務めを果たしましょう。この場の管理権限を、私こと“白
   願”から汝“永願”に譲渡します。異論はあるかしら?」

アルフ「いいえ。お役目、謹んで受諾します」
アリス「これでもう、私の出番は終わり。後は任せたわ」
アルフ「はい、微力ながら全力を尽くします」
2019.01.04 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「複数勢力入り乱れての東京湾大戦争『リザレクト・ジェネシス』は、全てのデウス
   エクスの目論見を砕いて、俺たちが勝利した。だがまだ、残党狩りが残ってる。落ち
   着いて新年とはいきそうにないな」

アルフ「まあ、お★様の都合上、参加は出来ませんけどね」
セレネー「参加出来たとしても、私達で役に立てるかって問題がありますし」
連「言う言う。ファーストアタックで『湧泉の死神』アレトゥーサを討滅しておいて」
セレネー「あれは、師団の頼もしい皆さんからのご指導の賜物で、皆さんを代表しての一撃
   ですよ」

アルフ「卑下のし過ぎもよくないですけどね。ただ、それを抜いても、あの面子が相手じゃ、ボク
   らにはちょっと荷が重い」

アーティ「死神集団ネレイデスを筆頭に、エインヘリアルの第四王女と生き残った指揮官級、
   終末機巧大戦で仕留め損ねた拠点級ダモクレス、城ヶ島を再びドラゴンの策源地に
   しようと目論む魔竜。指折り数えただけでこの数だからな。実質、戦争が終わってない
   のと変わらんよ」

セレネー「大物デウスエクスを討滅するまたとない機会です。一体でも多くを討ち果たせるよう
   願うばかりで――」

アルフ「そうですね。ボクらには見届けることしか出来ません。皆さんの活躍に期待しましょう」
2018.12.29 Sat l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【William & Julius & Yukari】
ウィル「開幕から一週間、ようやく生存報告が出来ますね。皆さん、改めまして、ウィリアム・
   バークリーです。ウィルって呼んでくださいね」

ユリウス「……ユリウス・リウィウスだ」
ゆかり「村崎ゆかり。よろしくしてあげてもいいわよ」
ウィル「まあ、ツンは程々にね。それにしても、まさに今朝、ユーリさんとボクのBUが届いて、
   ここにも顔出しできるようになったのは星の巡りというものでしょうか」

ユリウス「★は使っただろうな。しかしまだ依頼に行けていない」
ゆかり「まあねー。インターフェイス周りは酷評の嵐だけど、ノンタイムラグの依頼システムは、
   好意的な人が多いわ」

ウィル「無事にICが出来たら、ぼくらも行ってみましょうか?」
ユリウス「むしろ、行かん理由がなかろう。腕が鳴るというものだ」
2018.12.20 Thu l 第六猟兵(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲