FC2ブログ
【Lucia】
 初めまして。もしくはお久しぶり。当ブログ原管理者のルシア・バークリーです。
 今さらですけど、このブログについて説明させていただきますね。

 このブログは、トミーウォーカー社が運営しているPBWでの活動報告を基本に、ちょくちょく普通の政治・経済・事件も取り扱っています。
 ただし背後はガチで自民党支持なので、ご了承ください。
 面倒なので、特亜三国は極力スルーします。日本の政局も難しいのであまり触れませんが、選挙後なんかには、話題に取り上げることもあります。

 現代世界が舞台の作品がなくなったので、政治経済に関しての取り扱いは休止しました。

 それでは、詳しい説明、行ってみましょう。キャラクターのステータスも「Read More...」からリンクしてありますので、御用の折はそちらまで。
2037.12.31 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selēnē】
アルフ「ドラゴン・ウォーでドラゴンのゲートを破壊して、ミッション地域もあらかた奪還できたと
   喜んでいたところに、ドラゴン勢力のミッション地域からグラビティ・チェインを奪ったビル
   シャナたちが、ビルシャナ大菩薩の再臨を目指して活動中との情報が入りました」

アーティ「あのビルシャナ曼荼羅をまた見るとは思わなかったな。菩薩累乗会みたいなのはもう
   ごめんだぞ」

連「ビルシャナ大菩薩といえば、鎌倉防衛戦で討滅された後、謎の光を発してビルシャナをネタ
   化に導いた……もとい、沢山の無辜の一般人をビルシャナに変異させて一羽一殺の
   道筋を付けた存在。それが本格的に再臨したらどうなるか、想像したくもないわ」

セレネー「私達も向かいたいですけど、★は限られてますからねぇ。今は全部新代に流れて
   ます」

アーティ「他の方々も事情は同じか、参加率は高くないな」
連「万が一不成立になったら、それは『最初からそんな事件はなかった』ってなるだけ
   だけど……」

アーティ「俺としては、流れる依頼は自然に任せて流しちまった方がいいんじゃないかと思うが
   なぁ」

アルフ「そうしたら更に当代の過疎化が進みますよ。依頼成立ボランティアの皆様、お疲れ様
   です」

連「そして大阪では、ユグドラシル連合軍が市街戦を開始した模様。彼らの狙いがなんなのか
   気になるけど、やっぱり参加出来なくてもどかしい」

アルフ「なんと言っても、世の中★ですからねぇ……」
2019.06.20 Thu l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【William & Julius & Yukari】
ユリウス「以前にもあった邪神の狂信者による『犯人指名デスゲーム』が、キャストを変えて
   また行われたぞ」


  シナリオ『犯人指名デスゲーム~悲劇の同窓会』

ウィル「お疲れ様です。ユーリさん、これ途中まで完全に 誤 誘 導 ミスディレクションに引っかかってます
   よね?」

ゆかり「犯人を指名できたのは、他の人の捜査のお陰だし、それでドヤ顔されても」
ユリウス「ああ、そんなことは分かってるよ。それでも誰かが『解決編』をやらないと、事件は
   終わらないだろう」

ウィル「まあ、そうですけど。それにしても、参加者が少ないですよね。ミステリってそんなに
   不人気かな?」

ゆかり「しかも、小説でただ一方通行に状況を知らされていくんじゃなくて、自分の手で真実を
   暴ける! この楽しみを知らないなんてもったいない!」

ユリウス「まあ、人が少ないなら少ないなりに、ひっそりと楽しめるからいいけどな」
2019.06.20 Thu l 第六猟兵(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【William & Julius & Yukari】
ユリウス「旅団の仲間と一緒に、葡萄が特産の村を守ってきた」

  シナリオ『紫の雫滴る村を護れ』

ユリウス「……なんだ、その目は、おい?」
ゆかり「いや、仕事じゃなく飲みに行ったんでしょ、あんた」
ウィル「ワイン旅団の皆さんと一緒じゃ、お仕事はかどりますよね」
ユリウス「正当な報酬だ。後ろめたいところは何もないぞ?」
ゆかり「ここまで開き直ると、もう清々しいというか……」
ウィル「それで、ワインのお味は?」
ユリウス「そうだな。UDCアースでいうところのシラーに似た品種で作ったんだと思う。スパイ
   シーで骨格がしっかりした、力強いワインだった」

ゆかり「あー、そーですか」
ユリウス「お前らも成人したら飲みに連れてってやるよ」
ウィル「いや、結構です」
2019.06.07 Fri l 第六猟兵(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【William & Julius & Yukari】
ウィル「これまで『禍王』オメガ・アポレイアに支配されていたテンバランス村に別のオブリビオン
   が襲来してきたので、迎撃してきました」


  シナリオ『生者と罪業の狂騒曲』

ゆかり「これまた、どこかで見たことがあるような?」
ユリウス「……気のせいだ」
ウィル「まずは村人を襲いに来た異端の神々の殲滅。彼女らとは以前も戦いましたが、どこ
   でも生贄を求めるようですね」

ゆかり「すっかり戦場のインフラ役が板に付いてきたわね」
ウィル「否定はしませんよ。むしろ褒め言葉です。そして敵の首魁――『十字皇』シュラウ
   ディス!」

ゆかり「ていうか、あの吸血鬼、いきなり現れたロボットにインパクト喰われてるわよ」
ウィル「……まあ、世界が変わっても所詮は同程度の相手だったということで」
ゆかり「やられ際に『第二、第三の……』って口走る奴、実在するのね」
ユリウス「まあ、そういう奴だ。これで二人のオブリビオンが進めていた『人造魔神計画』は
   終了」

ゆかり「これで後はテンバランス村の人たちの心のケアだけね」
ウィル「村人の信頼を得るには苦労しましたよ。これまでオブリビオンに支配され続けていた
   わけですからね」

ゆかり「料理を一緒に作ったり、子供に歌を教えたり」
ウィル「そしてぼくは、村が三度危機に陥ったら必ず駆けつけるという誓いを込めた護符を配り
   ました」

ゆかり「それで約束破ったら、あんた最低のクズよ?」
ユリウス「にしても何だろうな、おい? この、既視感のようなものは?」
ウィル「旧代の方たちに出てきてもらえれば、話は早いんでしょうけど」
ゆかり「バトンはもうあたし達に託されたのよ。あたし達がやるっきゃない!」
2019.06.06 Thu l 第六猟兵(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲