【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「釧路湿原で暗躍していた死神・湿原の神様テイネコロカムイの目的は、湿原に存在する牢獄空間に
   囚われた同族たちを解放することだった。そして、彼女らの指導者は、かつて最初に
   死者の泉を発見した古のヴァルキュリア・レギンレイヴ」

アルフ「テイネコロカムイが討滅されたことで、ぼくたちもその牢獄空間へ入ることができる
   ようになりました。そこで見つかったのは、鳥籠に封じられた40体あまりの死神や
   ヴァルキュリア。彼らはレギンレイヴこそ冥界デスバレスの主にふさわしいと考え、
   主流派の死神に封じられた存在です」

連「前置きが長くなったけど、その討滅に《蠍》さんも行ってきたってわけ。報告書はこっちね」

  シナリオ『湿原の牢獄~毒歌』

アーティ「俺が相対した死神は、『主の駒』アンドラス。歌うことしか出来ない、意思疎通できてる
   かどうかもよく分からない死神だった」

アルフ「不老不死のデウスエクスでも、何万年も幽閉されてたら人格が壊れるんですね。星間
   飛行しようとしたら、光速で飛んで数万年かかるのが宇宙空間の感覚なのに」

連「デウスエクスは星間飛行して地球へ来てるんじゃなくて、主星から地球へ通じるゲートを
   通って来襲してるからね」

アルフ「それにしても、始まりのヴァルキュリアが釧路湿原に幽閉されていたということは、
   死者の泉も地球にあったんでしょうか?」

アーティ「分からん。レギンレイヴと崇拝者どもは討滅し尽くしたし、生き残りがいたとしても
   何かの情報が得られたとは思えんよ。今回は純粋に、危険の事前排除だ」

連「デウスエクスと交渉の余地はないもんね」
2017.03.17 Fri l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「アルフレッドが見つけてきたエインヘリアルの罪人事件、片付けてきたわ」

  シナリオ『中華街に現る、狂気の堕天使』

アルフ「すみません。ボクの手が空いてなくて、仕事を押しつける形になって」
連「いいのよ。そっちはそっちで大変だったんでしょ? あたしもお陰でレベルも上がったし」
アーティ「しっかし、エインヘリアルにまで胸が無いとか言われるとは、救いようがねぇな」
連「うっさいわよ、エロ中年!」
アーティ「俺はまだ二十代だっての!」
アルフ「それにしても、あの丸々としたエインヘリアルのどこが『堕天使』だったんでしょうか?」
連「あたしに訊かれても困るのよねー」
2017.03.15 Wed l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「“踏破王”クビアラ配下のダモクレス『ジ・アース』を、討滅してきました」

  シナリオ『血霧煙る虎の夜』

連「外見だけだとまるっきり地球の虎ね」
アルフ「はい、どうも虎をベースにしたサイボーグだったみたいで、生身部分も結構ありました」
アーティ「『魔障』とかいう技術を完成させるために、ケルベロスのデータを集めてたって話
   だが?」

アルフ「その後のディザスター・キングとマザー・アイリスの会話を見るに、成果は上がら
   なかったようです。幸いなことに」

連「ようやくダモクレスの大侵攻も終わって、連中は弩級兵装の回収にシフトしたわね。行きた
   かったけど、さすがに無理だった」

アルフ「まあ、大人しく結果を待ちましょうよ。そちらの結果が分かる前に、湿原の牢獄の結果
   が先ですか」

アーティ「そうだな。無事に殲滅できていればいいんだが……」
2017.03.12 Sun l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「デウスエクスは今日もまた元気だな。全くいくら潰してもきりがない」
アルフ「でも、戦いを始めた頃に比べれば、随分押し返しましたよ。ローカストを壊滅させ
   ましたし、大規模な戦争でもことごとく勝利しています」

連「その代わりというように、ダモクレス六指揮官機の配下が暴れ回ってるけどね」
アルフ「敵はいくらでもいるということですね。気を引き締めないと。さて、ボクは定命化で
   死期が迫った隻眼の老灰竜を討滅してきました」


  シナリオ『灰燼は死を彩る』

アーティ「重傷無しはメディックの誉れだな」
アルフ「本当は前線で戦いたいんですけど、動けなかった時期のブランクで、前衛に立つのは
   厳しいんですよね。メディックは苦渋の選択で」

アーティ「相手が相手だ。個人のわがままを通すわけにもいくまい」
連「私は『恋の病魔』事件から帰ってきたよ!」

  シナリオ『恋の病魔事件~口に出来ぬ想いの代わりは』

アーティ「St.バレンタイン・デイに各地で起こった事件だな」
アルフ「ああ、細かいところまで拾ってもらってますね」
アーティ「――青春だな。俺にはまぶしすぎるよ」
連「こういう展開なら、ベッカと一緒に行けばよかったよ。ともあれ、このMSさんはお気に入り
   に追加。そして少しレベルアップ」

アーティ「しかし、これでもトップクラスのケルベロスとは10レベル差があるんだよなぁ」
アルフ「そこは仕方ないです。旧代の方が優先ですから」
2017.03.01 Wed l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「定命化――デウスエクス流に言うなら、『重グラビティ起因型神性不全症』が進行
   して、余命幾ばくも無いドラゴンを討滅してきた」


  シナリオ『緑龍『ウィリディス』この命同胞に捧ぐ』

連「燃え尽きようとする生命を仲間のためにか。その心意気はともかく、やることが地球人の
   虐殺じゃ、かける情けはないね」

アーティ「死にかけといってもドラゴンだ。重傷者が三人出た。これで相手の体力が万全だっ
   たらと思うとぞっとするな」

連「《蠍》さんは、無事で何より?」
アーティ「俺も途中からポジションをディフェンダーに替えたんだぞ。楽をしてたみたいに言うな」
アルフ「とにかく、死を前にした死兵のドラゴンは恐るべき相手ということですね。ボクも、油断
   せず挑んできます」

アーティ「おまえはメディックやるようだが、おそらく回復が追いつかん。そのつもりで行け」
アルフ「は、はいっ!」
2017.02.23 Thu l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲