【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「銀誓館は情報管理や有名人作戦を進めていますが、私もその一端に参加する
   ことになりました。文曲さんからお話のあった、TV局主催のアイドルオーディション
   です。ここで優勝すれば、TV局の人も無碍にはできないだろうと」

芽亜「最近は色んな方面へアプローチが進んでいますわね。関西の任侠団体、四国の
   芸能関係、新興宗教の取り込み」

テオ「その中でもTVは発信力が強いから、是非とも押さえてきてね」
ルシア「もちろんです。バイトとはいえ、私はフリッカーハートですよ。ダンスなら大丈夫。
   ただ歌は、芽亜さん、トレーニングをお願いできますか?」

芽亜「まあ私も、バイトのフリッカースペードですけども。それでもいいのなら、おつき
   あいさせていただきましょう」

ルシア「よろしくお願いします!」
テオ「でもさー、今回参加したのって、文曲ちゃんの呼びかけだったからじゃないの?」
ルシア「ん、否定はしませんよ。でも、あの第一次審査『リアルラック勝負』によく
   勝てたものだと今になって思います」

芽亜「無駄話してないで特訓ですわ!」
ルシア「はいっ!」
2012.11.10 Sat l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Lucia & Theo & Mare】
テオ「世界結界の崩壊に対して、ボクたちがどうすべきか、投票結果が出たね」
ルシア「荒事は最小限という印象ですね。銀誓館らしいです」
芽亜「偽善も貫けば善となる。いけるところまではそれで参りましょう」
テオ「さて、これで廉貞氏と会う準備ができたと思っていいのかな?」
ルシア「やっと妖狐の女王様とこちらの使節の方が顔を合わせた段階ですから、まだ
   早いと思いますよ」

芽亜「ぶっちゃけ、無理だと思いますの」
テオ「後ろ向きだねぇ。やってみなくちゃ分からないのに」
2012.10.12 Fri l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「メガリス修学旅行から帰って参りましたのー」

  『メガリス修学旅行:マウイのココヤシは蒼く広い海原に』

ルシア「楽しんでこられたようで何よりです。それで、帰って早々ですけど、知恵を絞らないと
   いけない事案が上がってきました」

テオ「金毛九尾にデートの申し込みなんて、思い切ったことをした人もいるもんだ」
ルシア「それで、大陸妖狐からは、渡りに船とばかり、今後の新世界秩序をどうするか、
   銀誓館に打診してきたわけです」

芽亜「世界征服まで視野に入っていますわね。それが一番簡単かもしれませんが」
テオ「ま、考える時間はあるし、皆で相談していこう」
芽亜「ところで、運動会と南瓜行列はどうなるのでしょう?」
ルシア「南瓜行列は例年通りみたいですよ。もう、仮装するような年じゃないけど。運動会
   はどうなるのかなぁ」
2012.09.27 Thu l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「地球ごとディアボロスランサーを破壊しようと来襲した『二つの三日月』との
   <ラストバトル>、無事に勝利しました。これ以後、生命絶滅も神秘根絶もあり
   ません」

テオ「ラストバトルなんて言うけど、平和なんてパンとパンの間に挟まれた薄いハム
   みたいなものだと思うけどなぁ。いずれ世界結界が消滅したら、来訪者同士の
   争いが始まるよ」

芽亜「悪路王様の人魔共存も、人類とゴーストの生存競争という意味ですしね」
ルシア「ずいぶんと懐疑的ですね」
テオ「まあ、ボクだって別に戦いたいわけじゃないけどさ」
芽亜「お顔が台詞を裏切っていますわよ」
テオ「これからも詠唱銀は降り、ゴーストは現れるだろうからね。ボクらがすぐにお役
   御免とは行かないさ」

ルシア「それでも、これを持ってピース・オブ・ウェストファリアのような世界になれば
   いいと思います」

芽亜「それはそれとして、ディアボロスランサーは1000人あまりの同胞を連れて新しい
   宇宙へ旅立っていきましたわね。うちでは、先の部長がランサーと共に行かれました」

ルシア「私は親友が行っちゃいましたよ」
テオ「うちの結社からは4人かな。それぞれの信念の下に、付いていったんだろう。
   前途の幸いを」

ルシア「そうですね。幸いを願いましょう」
2012.07.23 Mon l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Lucia & Theo & Mare】
テオ「うあー、疲れた。ルート相談がないとは言え、コマンダーの仮まとめ作成は
   一筋縄じゃ行かないよ」

芽亜「私も前回からまとめ作成を請け負っていますが、いろいろと難しいですわね」
ルシア「いつもの私の苦労、少しは分かりましたか」
テオ「ああ、それはもう十分」
芽亜「しかし、3ポジのまとめを一人でやるというのは、背後は馬鹿ですか?」
テオ「目立ちたがり屋じゃないのー?」
ルシア「曰く、手の空いている限りはがんばる、だそうで」
テオ「それで迷惑かけなければいいけどね。ボクらじゃなく、他のみんなに」
芽亜「まあ、今回は採点がありませんから。」
テオ「それが唯一の救いか」
ルシア「まあ、悲観的になるのは止めましょうよ。いいアイデアが出てくるかもしれ
   ませんし」

テオ「他の人からねー」
芽亜「まあ、減点がないのですから、そこは気楽ですわ。せいぜい最後の『宴』を楽しむ
   といたしますの」
2012.07.20 Fri l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲