【Alice & Guy & Benihi】
アリス「今年の学園祭も終わったわね。私は夫と、幾つかの企画を回らせてもらったわ」
紅緋「私は仕掛け箱を開くのに必死で、そこから動けませんでしたよ。結局入り浸りです」
ギィ「お二人とも、楽しんでこられたようでよかったっす。今年は『天剣』で模擬店やらなかった
   んで、二人に余裕が出来たっすね」

アリス「そっちの企画は、来場者少なかったみたいだけど」
ギィ「昔のようには、もういかないっすよ。客層以前に、自分の意欲が落ちてたっす」
アリス「そう思うなら、もっと部員を巻き込みなさいな」
ギィ「出来るなら苦労はしないっすよ。やめることも考えたんすけど、仮にもクラブ規模三位が
   出し物やらないと格好が付かないと思ったんすよねぇ。ただ、来年があれば、もう企画
   は止めやしょうか」

紅緋「後夜祭もなくなってますしね。静かに少しずつ、幕引きが始まってます」
アリス「そしてこのタイミングで、ナミダ姫との接触依頼が来た。どうしたものかしらね、あっちも」
2017.07.17 Mon l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「暗殺武闘大会決戦でハンドレッドナンバー七一位“戦神”を継承したあきらが、厄介な話を
   持ってきたっすよ」

アリス「提案したのは彼氏かミスターか? まあ、却下一択ね」
紅緋「武蔵坂学園と六六六人衆が同盟を結ぶために、自分達が殺戮衝動を解消するための、
   殺してもいい種類の人間を提示しろとか、ふざけてます」

ギィ「盛大に提案を蹴倒して、全面戦争に臨もうじゃないっすか。そしてあきらを取り戻すっす」
アリス「同盟に賛成する班はなさそうね。この分なら、殺戮サンプルを受け取りに来た捨て駒の
   六六六人衆を灼滅するだけで終わる。いつも通りの話よ」

紅緋「序列何位くらいなんでしょうね?」
アリス「はっきりと番外と言ってるエクスブレインもいるわね。他のエクスブレインの言では、
   堕ちたてで序列無しの、実力は六〇〇番台後半相当。本来なら、雑魚も雑魚。それが
   サイキック・リベレイターで強化されると、私たち八人で一人を灼滅するのがやっとか」

ギィ「とにかく、あきらへ近づくための一里塚。出迎えに来る六六六人衆から確実に片付ける
   っす。待ってるっすよ、あきら!」
2017.06.28 Wed l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「六六六人衆や不壊者アンブレイカブルの相手で忙しいっていうのに、ヴァンプ系列の朱雀門高校で
   大事件っすよ」

アリス「爵位級ヴァンパイアに反抗して逐電したルイス・フロイス元生徒会長のスパイに情報
   封鎖された、ルイスの後継者ロード・クロムが、荒っぽい手に出たわ。誰がスパイか
   分からないなら、学校の生徒全員をデモノイドにして、自分の忠実な駒に作り替えようと
   している」

紅緋「エクスブレインの予知がなかったから、脱出に成功した情報提供者さんの証言だけが
   頼りです。しかし――ロード・クロム。二年前の宿題に答えを返す時が来たようです」

アリス「紅緋。あなたが依頼に向かうために、私は沖縄の卒業旅行を諦めたわ。しっかり結果を
   出してきなさい」

紅緋「はいっ、出来る限り全力で!」
ギィ「これで朱雀門高校はお仕舞いっすね。後はあの裏切り者の闇堕ち者が新しい諜報組織
   を作るのか」

アリス「“黒の王”の『目』と『耳』ね。朱雀門の後釜はどんな組織になるんだか? まあ、先の
   ことを言っても始まらないか。紅緋、しっかりね」

紅緋「はい、お任せを!」
2017.06.22 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「屍王ノーライフキングの頂点に君臨する組織[統合元老院クリスタル・ミラビリス]灼滅完了っす!」
アリス「これでもう、屍王達は組織だった行動は出来なくなったわ」
紅緋「戦い自体はそこまで難局があったわけじゃないですけど、元老達がいちいち我らが人類
   の管理者だって支配者然としているのは、気に入らなかったですね」

アリス「元老達が知識や記憶を共有する『不滅の兜』を受け継いでいたお陰で、人類はずっと
   屍王の掌の上で踊らされてきたわけね」

ギィ「ええと、それぞれの役割は、アッシュ・ランチャーが『軍事』、ゴールド・コンダクターが
   『経済』、ホワイト・ビヘイビアが『サイキックエナジー』、グリーン・セイヴァーが『進化』
   ブラッド・ペネトレイターが『石油』、だったっすね」

アリス「確かに、文明社会で生きる以上、彼らが生み出した富や資源から自由にはなれない
   わ。でも私たちは、そのくびきを打ち破った」

紅緋「管理者なき人類社会はこれからどうなっていくんでしょうか?」
アリス「さてね? それこそイタリアのタオルミーナで開かれたサミットで話し合われたのかも」
ギィ「ま、先のことは先のことっす。自分たちの次の世代辺りが考えることっしょ」
アリス「さて、次にサイキックリベレイターを照射する種族はどこになるのかしら? 『不滅の
   兜』や胎蔵界での調査結果などを解析してから、次の照射にかかるそうだけど」

紅緋「吸血鬼や六六六人衆、不壊者といった強豪種族は、まだ先送りですかね?」
ギィ「さて? それこそ今回回収した情報次第ではってことも、あるかもしれないっすよ?」
2017.05.29 Mon l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「沖縄に攻め込んできた[統合元老院クリスタル・ミラビリス]の一席、対人類戦最強を謳うアッシュ・ラン
   チャーを灼滅完了っす」

アリス「エリノアさんの機転がなければ、作戦全体が失敗してたわね。ギィのクラブにいる方
   だっけ? お礼はしっかりするのよ?」

ギィ「もちろんっす」
紅緋「そしてアッシュ・ランチャーが遺した兜から、[統合元老院]本拠地の場所も割れました
  ね。敵の所在は異界『胎蔵界』。この機会を逃さず、全て灼滅してしまいましょう」

ギィ「今回は巻き込まれる一般人はいない、気楽な戦争っすよ」
アリス「その分、一度重傷受けたら復帰はまず無理だけどね」
ギィ「そこはいつもの話っす。それから、今次作戦の前提となった依頼も報告がいるっすね」

  『決戦アッシュ・ランチャー~今こそ反攻の時!』(ギィ&アリス)
  『決戦アッシュ・ランチャー~海原に生命の喝采を』(紅緋)

ギィ「いやー、アリスと初めての合同作戦になったっすよ。同じ卓の方に不愉快な思いをさせて
   なければいいんすけど」

アリス「最後の仮プレ提示以外は、上手く発言散らしたから、大丈夫じゃないかいしら。それ
   より、感情活性化どころか設定欄でも互いに触れてないギィとセットで動いてたのに
   びっくりよ」

ギィ「仮プレ提示でここのアドレスを二人まとめて晒したっすからねぇ。その影響でやしょうか?」
紅緋「アッシュ・ランチャーは灼滅出来たんです。このまま[統合元老院]も撃破しましょう!」
2017.05.19 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲