【Alice & Guy & Benihi】
アリス「日本時間で昨日投票され、今日の15時前後に結果が確定した、スコットランドの独立
   を問う住民投票は、僅差で否決されて、スコットランドは引き続きグレートブリテン及び
   北アイルランド連合王国の一画に留まることになったわ」

ギィ「反対が55.3%、賛成が44.7%。10%近い差が付いたのは意外っすね」
アリス「民衆というのは保守的なものよ。余程の煽動者がいなければ、体制を変えようとは
   しない。今回、ロンドンは与野党党首や著名人を使った独立反対キャンペーンを打った
   けど、スコットランドにはそういう顔はなかった」

紅緋「アリスさんは、この結果をどう感じてますか?」
アリス「『どう見るか』じゃなく、『どう感じているか』、ね。確かに私も、日本在住とはいえ当事者
   だし」

紅緋「そ、そんな深い意味合いじゃなかったですよっ?」
アリス「そうね、やっぱり安堵かしら。独立したあと、イングランドやEUやUSAといった国々と
   どう接していくか分からなかったし、地味なところでは、企業が国外へ逃げ出したり、日用
   品の価格が上がったりね」

ギィ「じゃ、アリスはこの結果に満足っすか?」
アリス「結果だけみればね。でも、途中までは本当に伯仲した選挙活動が繰り広げられた。
   本当に、国が割れそうなほどね。その亀裂をエディンバラは癒すことができるのかしら?
   IRAみたいなのが出てこないといいんだけど」

紅緋「ともあれこれで、ユニオンジャックは柄を変えずにすみますね!」
ギィ「ウェールズの赤い竜を入れろって運動もあった気がしたっすけど」
2014.09.19 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1012-7fa70640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)