【Alice & Guy & Benihi】
アリス「イスラーム国イスラミック・ステイトとの攻防を続ける、シリアのクルド人都市コバニ防衛戦へ、イラク北部の
   クルド人部隊が支援に向かう際に領内を通ることをトルコが許可したわ」


  『対「イスラム国」でクルド人部隊支援 トルコが越境許可』(2014年10月21日付 朝日新聞)

紅緋「トルコはクルド人の独立運動に悩まされてる国ですよね。確かイラク戦争のあとにも、
   トルコ領内からイラクへ越境攻撃したはず。そのトルコがここまで寛容にならざるを得ない
   くらい、イスラーム国は危険なんですね」

アリス「敵の敵は味方っていう分かりやすい例ね。これを機会に、トルコ国内のクルド人問題が
   改善されればいいんだけど」

ギィ「それだけコバニって都市が重要なんでやしょうね。防衛戦を指揮しているリーダーのうち
   一人は女性だそうで」


  『イスラム国からのコバニ防衛、率いるのはクルド人女性』(2014年10月13日付 AFP通信)

紅緋「一般人でも実際に軍を率いる人っているんですね。女性指揮官なんて、私たち世界の
   裏側にしかいないと思ってました」

アリス「クルド人の軍では、女性も相応の働きをしてるらしいわ。でもニュースになるぐらい
   だから、やっぱり珍しいんでしょう」

ギィ「防衛側のクルド人組織をテロ組織認定していたアメリカが武器などの支援物資投下支援
   に踏み切ったり、色々と情勢が動いてるっすね」

アリス「ただ、欧米は空爆や後方支援に徹する可能性が高いわ。地上戦はクルド人組織や
   トルコ軍、イラク軍、シリア軍と反体制派辺りの連合軍でも作って、いまイスラーム国が
   支配している領域を制圧するしかないんじゃないかしら?」
2014.10.21 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1028-5eb97488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)