【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「カンストしてるのに依頼返ってきちゃったっすよ」
紅緋「私もですー」
アリス「なら以来にいかなきゃいいのに」
ギィ「そうは言っても、推理的中依頼でやしたからね。入らないわけにもいかないっしょ」
紅緋「私の方はイルマさんがいましたからねぇ。運命撃ってでも入りますよ」
アリス「私もいま依頼に入ってるけど、運命確保の意味合いが強いかな」
ギィ「それじゃ報告会といきやすか」

  シナリオ『橋の声』

ギィ「この依頼の舞台、背後が育った町だそうで。問題のささやき橋も通学路として
   よく通ったとか」

紅緋「そんな場所に古の畏れ。放っておけませんね」
アリス「ただ、戦闘に関しては苦戦らしいところもなく?」
ギィ「自分たちがそれだけ強くなったってことっしょ」
紅緋「ですね。それじゃ次は私が」

  シナリオ『強き者』

紅緋「余計な説明の要らない、アンブレイカブルとの真っ向勝負です」
アリス「まだ灼滅できないレベルがごろごろしてるわね」
紅緋「このお相手が去るときに、不壊者が集まる武人の町を教えたらどうかって
   相談卓で提案してみたんですけど、全会一致で却下されました」

ギィ「それやるとシン・ライリーの勢力が強くなるから、妥当じゃないっすか?」
アリス「さて、上限解除はいつになるかしらね。さすがにそろそろだと思うんだけど」
2014.11.23 Sun l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1042-779b7287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)