【Alice & Guy & Benihi】
アリス「原油価格低迷とルーブル暴落、欧米の経済制裁で、ロシアが狙う『ユーラシア連合』
   構想が軋んでるわね。今のところ脱退する国はないようだけど」

紅緋「発端は強引なクリミア併合ですね。欧米はウクライナ側に立ってロシアに経済制裁。
   そこに原油安が加わってロシアから急速に外資が引き揚げてる」

ギィ「ユーラシア連合に加盟予定のカザフスタンとベラルーシの大統領が、相次いでキエフを
   訪問したのが象徴的っすね。ルーブル暴落で、連合そのものがご破算になるんじゃない
   っすか?」

アリス「仮にも国家間の合意だからそれはないと思うけど。ただ、ロシアが全部好きに出来る
   立場じゃなくなったのは確かでしょうね」

紅緋「アメリカとサウジアラビアがロシア潰しのために原油安を仕掛けてるって話もあります」
アリス「シェール革命で世界のエネルギー地図ががらりと変わったからね。ロシアが持つ燃料
   資源という外交カードも、威力が落ちてきたわ」

ギィ「今年はロシア―ウクライナ―欧州の天然ガスパイプラインで輸出されるLNGはどうなる
   んすかね。それ次第で、どこの国民が凍えた冬を過ごすのか決まるっす」
2014.12.27 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1056-f85a5e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)