【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「うーん」
アリス「画面見つめて、なに唸ってるの」
ギィ「いや、このニュースっすよ」

  『よほどのワイン通? 米三つ星店で高級ボトルだけ盗難』(2015年1月1日付 朝日新聞)

ギィ「元記事はこちら」

  "Thieves steal over $300,000 worth of wine from French Laundry restaurant"(2014年12月30日付 Los Angels Times)

紅緋「30万ドルって、今の相場でいくらでしたっけ?」
アリス「1USドル120円で計算して、3600万円。記事によると卸価格だから、店の損害は
   数倍になるわね」

紅緋「それ、お酒の値段ですよね? 76本でそんな」
ギィ「レアワインはそんなもんっすよ。事件があったのは、カリフォルニア随一のワイン
   産地ナパ・ヴァレーの三つ星レストラン『フレンチ・ランドリー』。事件はクリスマスの
   夜に起こったっす」

アリス「泥棒は、狙い定めてボトルを選んだみたいね」
ギィ「ええ、元記事の方にリストがあるんすけどね、DRCクラスしか盗ってないっす」
アリス「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティくらいは知ってるけど」
ギィ「DRCでは、グラン・エシェゾーの2007年~2010年、ロマネ・サン・ヴィヴァンの
   2003年~2010年(2004年以外)、リシュブールの1988年、2002年~2010年
   (2003年、2004年以外)、ラ・ターシュの1993年、1996年、1999年、2002年、
   2004年~2010年、ロマネ・コンティ2004年~2010年、ジャック・フレデリック・
   ミュニエのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・ド・ラ・マレシャル2005年と2008年。
   スクリーミングイーグルCS1992年、1995年、1998年、1999年、2010年、モエ・
   エ・シャンドンのドン・ペリニヨン2004年。ああ、列挙しているだけで、盗んだ
   奴をぶん殴りたくなってくるっすよ!」

紅緋「ええと、お話がさっぱり……」
ギィ「要するに、ワインの中でも一番の値がつくものだけを選んで盗んでいったんすよ。
   最高のブルゴーニュとカリフォルニアのカルトワイン、スクリーミングイーグル、シャン
   パーニュの特級。ものがものっすからね。もう飲まれてこの世から消えてるかもしれ
   ないっすよ」

アリス「まるであなたが好きなワイン漫画みたいね」
ギィ「『怪盗ルヴァン』っすか? まあ、実際にいたらこんなニュースになるのかもしれない
   っすけどね……」

アリス「何か不満があるの?」
ギィ「それは気に障るっすよ。泥棒はボルドーには見向きもしてないんすよ! 五大
   にル・パン、ペトリュス、シュヴァル・ブラン、ドメーヌ・ド・シュヴァリエ、ディケム。
   ボルドーにだって値打ちものは山とあるっすよ!」

紅緋「結局、自分の地元がスルーされたのが気に入らないだけなんですね」
アリス「これだけじゃ政治・経済のカテゴリと言うには弱いから、もうちょっと話しましょうか。
   こういう話があるけれど」


  『貴腐ワイン「ソーテルヌ」産地をおびやかす高速鉄道計画、仏』(2015年1月2日付 AFP通信)

ギィ「一度環境が壊れると、復元は不可能に近いっすよ。TGVを通すなんて無茶な……」
紅緋「ギィさんは反対派ですか」
ギィ「当然っす。ボルドーを傷つける行為には断固反対っすね」
2015.01.04 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1061-227a5be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)