【Alice & Guy & Benihi】
アリス「今年の初依頼に行ってきたわ」

  シナリオ『ミンナがタノシイ、セカイがイイナ』

ギィ「おつかれっす。ノーライフキングの救助依頼っすか」
アリス「私としては、集落を襲った流行病の方が怖かったけどね」
紅緋「病気は私たちじゃどうしようもないですからねぇ。かろうじてESPの秘薬製造で
   なんとかなるくらい?」

ギィ「一水さんの『冥王斑』とか『白鳥熱』みたいな凶悪な疫病を題にしたものを読むと、
   背筋が凍るっすね」

アリス「まあ、疫病はフレバーみたいなものだったけどね。本筋のアケノツキと眷属に
   した村人のアンデッドは、どうも滅ぼしてもらいたがってたみたいで」

ギィ「そのアケノツキ自身、迷ってたんじゃないっすかねぇ? それか止めてくれるのを
   待ってたか」

紅緋「神の子として育てられる気持ち、私はちょっと分かります。私がそんな風に育て
   られましたから」

アリス「紅緋は、『神様にお返しするために』育てられたのよね?」
紅緋「はい、学園の人が来なければ、渡海船で海へ出るところでした」
アリス「アケノツキが学園へ来たらどう変わるのか。見守れるものなら見守りたいけど」
2015.01.07 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1062-e627a44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)