【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「背後さんの引越が終わって、やっとネット環境が整いましたね」
アリス「背後事情はあんまり語りたくないけど、契約の件が無ければ、1週間早くネットに繋げ
   てたはずなのよね」

ギィ「とかくこの世は儘ならぬ、っすか?」
アリス「ま、背後がどうあろうと、ダークネスを灼滅するのが私たちの使命。それぞれのお務
   めを報告しましょうか」

ギィ「じゃ、まずは自分から」

  シナリオ『繰り返す初夢』

アリス「なんというか、男女問わずのハーレム作ってるギィが、一番この依頼にふさわしくない
   気がするわ」

ギィ「えー、酷いっす。ちゃんと説得に貢献してるじゃないっすか」
紅緋「……まあ、lクリピンを11枚発注したことで、誠意があると認めますよ。それじゃ、次は私」

  シナリオ『救い手の資格』

紅緋「まあ、どこにでもある闇堕ち救助依頼ですね。やるべきことはやってきました」
アリス「序盤の語りが全てって感じ?」
紅緋「そう、ですね。戦闘の面では歯応えありませんでしたから」
アリス「それじゃ、私で締めになるわね」

  シナリオ『悪いカノジョ』

ギィ「あー、あからさまに悪人っすね、こいつ」
アリス「ただの俗物よ。『絶対悪』とは何かという考察の、役に立たない」
紅緋「デモノイドロードの依頼なら、参加したかったです」
アリス「ま、そこは巡り合わせね。私たち全員、次の依頼が返ってきたらカンストするから、
   のんびりと上限解除を待ちましょう」

ギィ「そう言ってたら、次の日には上限が上がってるから油断ならないっす」
2015.02.02 Mon l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1069-ea2a7c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)