【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「朱雀門高校のロード・クロムが企画した、配下の能力テストから帰ってきましたよ」

  シナリオ『悪意の騎士と悪意の従者』

アリス「おつかれさま。やっぱり強敵だったみたいね」
紅緋「ずっと綱渡りを続けてるような戦いでした。今こうして無事なのが不思議なくらい」
ギィ「デモノイドをいくらでも強くできるなら、自分たちにとって大きな脅威っすね」
紅緋「どうなんですかね? 今回のクロムナイトは失敗作のデモノイドを素体にして作り出した
   ものらしいですけど、元から強力な個体で実験しなかったのが不思議で」

アリス「悪は悪なりに同胞意識があるみたいね」
紅緋「そうだ、絶対悪についての御指南、ありがとうございます!」
アリス「お礼を言われるほどじゃないわ。神学のセオリーみたいなものだから。ロード・クロム
   の反駁にも、ある程度は答えられるけど、それはまたの機会に」

ギィ「さて、自分もちょいとお務め果たしてきたっすよ」

  シナリオ『卒業式をメチャクチャに』

アリス「同じダークネス三体でも、ロード・クロムの方とは雲泥の差」
ギィ「それでも、昔ならこいつら一人を倒すのに八人がかりだったはずっす。自分達も強く
   なったっすよ」

紅緋「そうやって慢心してると、足下をすくわれますよ。昔私達を出来損ないと侮っていた
   ダークネスみたいに」

アリス「私達があゆみを止めない以上、いつかはダークネスと一対一で戦える日が来るかも
   しれないわね」

ギィ「ま、自分達の実力がどの程度かは、軍艦島で試してみやしょう」
2015.02.24 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1079-ed3ef6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)