【Alice & Guy & Benihi】
アリス「HKT六六六や刺青羅刹、アフリカンご当地怪人が集まってた長崎県軍艦島を巡る
   戦いは、最低目標の『七不思議使い』を助け出して一応の勝利は得られたわ」

紅緋「本当に最低限でしたよね。最後に現れた日本のご当地幹部ザ・グレート定礎には
   退却されましたし」

ギィ「うちのクラブは彼氏のひとりが闇堕ちで失踪して、おひとり亡くなったっすよ……」
アリス「ご愁傷様ね」
紅緋「死ぬ覚悟を持って戦場に出たんでしょうから、そこに何かを言うつもりはありません。
   ただ、闇堕ちした方は救出チャンスがあるじゃないですか。幸い先輩はカンストする
   んですから、救出依頼が来るまで待てるでしょう!」

ギィ「……そうっすね。一晩明けたら気分を切り替えられると思うっす。だから今は放っておいて
   くださいな」

アリス「ネガってるわねー」
紅緋「仕方ないですよ。私も目の前で同行したか箍闇堕ちするのを経験してますから、先輩の
   気持ちが分からないわけじゃありません。明日になればいつも通りなんでしょうから、
   そっとしておきましょう」

アリス「で、問題はザ・グレート定礎の頭の中にあった『ダヴィンチ・コード』なるものだけど、
   一体何なのかしらね?」

紅緋「今回の戦争は、七不思議使いの皆さんを救出出来ただけで、各ダークネス組織の主要
   人物はろくに倒せていないんですよね。それだけ後に響くかなぁ? アフリカンパンサーも
   なんであそこにいたか分かりませんし」

アリス「エクスブレインでもない私達には、それこそ分からないことばっかりね。校長先生に
   でも講義をお願いしたいわ」

紅緋「そんな日がいつか来るんでしょうかねぇ?」
2015.03.01 Sun l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1080-c168c62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)