【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「JAXAが、宇宙太陽光利用システム(SSPS)実用化に向けて、一歩前進しました!」

  『無線送電実験にJAXAが成功 宇宙太陽光発電に一歩』(朝日新聞 2015年3月8日付)

ギィ「宇宙空間に太陽電池を展開して発電し、得られた電力をマイクロウェーブに変換して
   地上の受信施設に送信。そこで電力に戻して送電網に流す。太陽光発電の極地
   っすね」

アリス「一つの施設で原発一基分か。経済的ね。技術力が追いつけば」
紅緋「あれ、アリスさんは反対ですか?」
アリス「そんなことはないわよ。先進技術を集めた裾野の広い分野だもの。作るだけでも
   市場が潤うわ」

紅緋「じゃあ、気が進まない顔をしてるのは」
アリス「さっきも言った通り、SSPSそのものに反対してるわけじゃない。資源と環境の
現状を考えれば、一日でも早く実用化するべき技術だと思う。でもね、全ての電力を
   SSPSで賄うのには断固反対」

ギィ「懐にも環境にも優しい技術なのにっすか?」
アリス「考えてもみて。もしエネルギーをSSPSに全面依存するようになったとして、その
   状況でどこかと戦争が始まったら、宇宙空間の太陽電池パネルは真っ先に狙われる
   わよ」

紅緋「ケスラー・シンドロームまっしぐらですー」
アリス「繰り返しになるけど、技術そのものは有用だと思うわ。後はリスクマネジメントの
   問題さえクリアすれば、私も文句は言わない」

ギィ「いつもながらシビアっすねー、アリスは」
2015.03.09 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1086-9bfb92ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)