【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「はあ、なんとかお務め完了です」
ギィ「うわ、紅緋、包帯だらけじゃないっすか!?」
紅緋「あはは、でも重傷じゃないですから、次の依頼もコンディション万全で行けますよ?
   ギィさんもお務めおつかれさまです」

アリス「二人ともおつかれさま。それじゃ、紅茶でも飲みながら報告書を読みましょうか」
紅緋「はーい、まず私から。六六六人衆の闇堕ちゲームでした」
ギィ「あれ、まだ続いてるんすねぇ」

  シナリオ『闇に誘う引鉄』

紅緋「結果からいえば、一般人の死亡者ゼロ、闇堕ちなし。重傷が二人出ちゃいましたけど、
   闇堕ちゲームということを考えれば、上首尾です。庇ってくださったお二人には感謝を」

アリス「闇堕ちゲームは、いま私とギィが入ってるけど、斬新のやつが何か仕掛けてる
   っぽいのよね」

ギィ「地下鉄が屍王の迷宮になる事件と、どこかで繋がるんでやしょうけどねぇ。――さて、
   次は自分の番っす」


  シナリオ『アビスに落とされて』

ギィ「付き合ってた恋人に振られた女の子がデモノイドになったのを、救出してきたっすよ」
アリス「その子には随分信頼されたみたいね」
ギィ「ええと、ちょっとメタで。行動や説得が評価されたのは嬉しいっすけど、うちにはこれ
   以上身内を増やす余裕は無いんで、依頼にご一緒したどなたかに里子に出そうかと
   思ってるっす」

紅緋「ここでの掛け合いも、三人がちょうどいいですからね」
アリス「まあ、最悪塩漬け?」
ギィ「せっかく存在の可能性が生まれたわけっすから、誰かに動かしてほしいんすけどね」
アリス「そうね。引き取り手が見つかることを願ってるわ」
2015.04.10 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1101-22aeec62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)