【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ロンドン郊外に北海油田以上の埋蔵量1000億バレルの油田があるって話、結局ガセ
   だったみたいっすね」

アリス「そうね。そんなものがあれば隣接地の空港工事で見つかってるわよ。この採掘業者、
   どこまでおめでたいんだか」

紅緋「でも、残念でしたね。英国が産油国になれば、欧州を覆うロシアの天然ガスパイプライン
   に対抗出来たかもしれないのに」

アリス「天然資源しかない国と張り合ってもねぇ」
ギィ「まずは日本のメタンハイドレイト開発を見守りたいっすね。それから、海水から稀少元素を
   濾し取る技術の開発」

紅緋「陸上の資源が底をついた時に次に頼れるのは、海か宇宙か?」
アリス「紅緋、楽しそうね」
紅緋「技術的難題の解決って、燃えてくるじゃないですか! 宇宙太陽発電の地上伝送って
   いつ頃実用化でしたっけ?」
2015.04.16 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1105-b271b6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)