【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「今年もいよいよ運動会の始まりですね」
ギィ「出来ればサボりたいっすよ」
紅緋「そんなこと言ってると、魔人生徒会にしょっ引かれますよー?」
ギィ「かーっ、マジウザい連中っすね」
アリス「はいはい、運動会が始まる前に、依頼の報告しておきましょ」
紅緋「Jud.それではまず私から」

  シナリオ『芽吹く悪意の惨殺劇』

紅緋「ロード・クロムが実証実験に乗り出したクロムナイトの初期量産型を一体、灼滅して
   きました」

アリス「そっちは5ターンキル出来る戦力があってよかったわね。私の方は全体的にレベル
   が低かったから、長期戦を選択するしかなかったわ」

ギィ「相談も楽しそうでやしたねぇ」
紅緋「はい。あれだけ楽しく真剣に相談出来たのは、初めてかもしれません」
アリス「それじゃ、次は私ね。手裏剣のご当地怪人……じゃなかった、手裏剣に執着する
   アンブレイカブルと一戦交えてきたわ」


  シナリオ『複刃旋風! 手裏剣おじさん!』

ギィ「完全に色物路線っすね。らしくない」
アリス「まあ、旧代がお世話になったMSさんの依頼だし、受かればいいなくらいのつもり
   だったんだけど、運命使用者5名、最多落選1名、宿敵枠1名、発言力15が70名の
   状況で受かるとは思ってなかったわ」

紅緋「どんなに確率が低くても、誰かは必ず受かるものですよ」
アリス「そうね、楽しんでこれたし、これはこれで」
ギィ「それじゃ最後は自分っすね」
アリス「これまた、らしくない」
ギィ「茶々はよしてくださいな。自分だってたまには人の恋路を応援することもあるっす」

  シナリオ『現実じゃ素直になれないから』

紅緋「恋愛関係で闇堕ちする人も多いですよね」
ギィ「青少年の方が、感情の起伏が激しいからっすかねぇ?」
アリス「デモノイドだけは大人の闇堕ちもあるけど、その場合は確実に救えないものね」
ギィ「さて、報告も終わったところで、今日一日頑張りやすか」
紅緋「背後さん、ワイン片手に観戦するらしいけど、寝落ちしたりしないかな?」
アリス「あれは、寝落ちする前にさっさと撤退するタイプよ。むしろ最後まで保つのかが心配」
ギィ「ヴォーヌ・ロマネを開けて、飲みながら観戦するんだって言ってたっすからねぇ」
紅緋「うう、心配だなぁ……」
2015.05.31 Sun l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1124-5c6fd884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)