【Alice & Guy & Benihi】
アリス「P.A.Oda五大頂4-1佐々・成政関連の歴史再現をしてきたわ」

  シナリオ『黒百合の姫』

ギィ「それは、例の『厚い本』の話でやしょうに」
紅緋「史実の佐々成政さんも、思い込みが激しい方だったんですかね?」
アリス「どうだかね? せめて日本刀でとどめを刺してあげればよかったんだろうけども」

◆   ◇   ◆   ◇   ◆

紅緋「ところで聞いていますか? 『贖罪のオルフェウスの悪夢』のこと」
ギィ「もちろんっす。あちこちで噂されてるっすからね」
アリス「前触れも何もなく、オルフェウス・ザ・スペードが灼滅者の夢に入り込んで強制闇堕ちを
   引き起こす。分かっているのはこれだけなんだっけ?」

紅緋「何が原因で『ザ・スペード』に目をつけられるか分からないので、ろくな注意喚起も出来
   ないんですが、お二人も気をつけてください。私は――どうなんでしょうね? シャドウ
   ハンターのクラブを主催していたところで、箸にも棒にもかからない程度なんでしょう」

ギィ「目をつけられる条件は不明って、さっき言ってたじゃないっすか。それに、来訪がない
   ならない方がいいっす。もし闇堕ちしても、自分たちは助けに行かないっすから」

アリス「それは、私やギィが堕ちても同じこと。所詮、なるようにしかならないわ」
2015.06.10 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1128-1b771c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)