【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「本朝の命運をかけた戦いは、海の向こうで続いています」

  『オバマ米政権、TPP推進が頓挫の危機に-説得工作加速へ 』(6月13日付け ブルームバーグ)

  『米TPA法案の下院通過ならず、16日再採決へ調整』(6月13日付け ロイター通信)

アリス「グローバリズムの極地『TPP』ね」
ギィ「今まで現地、つまり日本の実情に合わせて上手く機能していた、農業、医療、エネル
   ギー、更に行政の外資への完全開放。グローバリズムと言えば聞こえはいいっすけど、
   実体は合衆国の新たな経済的帝国主義っしょ」

アリス「でもこれはUSAにとっても両刃の刃でね、TPPが動き出すと失業する層は向こうにも
   存在するのよ。その救済法案が、今回下院で否決された貿易調整援助制度(TAA)法案」

ギィ「小さな政府指向の共和党と、支持層が不利益を被る民主党の一部が連携して否決に
   回ったっすね。これを説得するのは、オバマ大統領でも大変でやしょう」

紅緋「これまでの工程表では、6月の閣僚級協議で大筋合意の予定でしたけど、それが危うく
   なってきましたね。法案が可決するのが遅れるほどにオバマさんが死に体になって、協議
   を進める力は落ちていきます」

アリス「日本がこれまで通りでいるためには、下院の抵抗に賭けるしかないわね」
ギィ「守るべき国益を見定めないでTPPなんかに署名したら、後戻りを禁ずるラチェット条項に
   手足を縛られてどうにもならなくなるっす。そうなってからじゃ遅いっすよ」

紅緋「それにしても、お二人とも日本を支持してくれるんですね」
アリス「あくまでも一個人の意見よ。ただ、GBは独自通貨ポンドを維持し、近いうちにEU離脱
   の国民投票があるかもしれない国。欧州合衆国なんて痴人の夢には興味ないの。政治は
   国民国家ネイション・ステイトが担うべきものよ」

ギィ「フランスも農業国っすから、基本は保守的っすよ。こつこつと堅実に。何の問題も無い
   とは言わないっすけどね」
2015.06.14 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1130-1521e0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)