【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「トルコがISILに対する直接攻撃に踏み切ったっすね」
アリス「ついでに、イラク北部のクルド人勢力も含めて爆撃したわね」
紅緋「トルコはクルド人勢力と和平交渉してたんじゃないんですか?」
アリス「それがね、クルド系政党人民民主党が総選挙で躍進したものだから、与党
   公正発展党が組閣に手間取ってるのよ。このままだと総選挙もあり。で更に
   人民民主党が議席を取るとやばい」

ギィ「だからって両面作戦は危険だと思うっすけどねぇ。どっちもテロがお得意っしょ。
   両方から攻撃を受けたらどうなるか。分かりそうなものっすけどねぇ」

紅緋「敵の敵は味方理論で行けばよかったのに」
アリス「だからそこは、国内の政治力学の産物ってわけ。まあ、トルコの行動をNATO
   がどう見るか、まずはそこを注目しましょ」

紅緋「中東と言えば、イランへの経済制裁が近々解除されるとか?」
アリス「UN安全保障理事会常任理事国+ドイツとイランの核協議が妥結したから。
   内容はイランの核能力を制限する代わりに、対イラン経済制裁を解除すること」

ギィ「イランは世界屈指の親日国っすからねぇ。日本がイランと欧米の仲をとりもてば
   世界での存在感も高まる出やしょうに」

アリス「実際に、経済制裁中も日本の岸田外務大臣がイランに行ってロウハニ大統領
   と会談したり、イランのザリーフ外務大臣が訪日して安倍首相と会談したりしてる。
   USAの意向に沿う日本としては珍しい独自外交だわ」

紅緋「イランの石油禁輸が解ければ、ガソリンとかも安くなるんでしょうね。それに、
   日本資本による油田開発も出来る!」

ギィ「南西部のアーザーデガーン油田っすね。国際石油開発帝石がかなりの部分の権益
   を得た油田で、日本向けの原油を安く提供できると見られてたのが、件の経済制裁
   で頓挫した」

紅緋「また元通りに、日本に輸出してもらえるようになるといいですねぇ」
アリス「さて、中東は一つの区切りを迎えたけど、イラン封じ込めを狙うスンニ派諸国や
   イスラエルがどう出るか?」
2015.07.27 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1152-0937fcd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)