【??? & ??? & ???】
???「よう、まだ幕が開くまで二週間以上もあるってのに、のこのこ出てきちまってよかった
   のか?」

???「世の中、先手必勝よ。私たちケルベロスがいつまでも灼滅者の陰に隠れているのも
   癪じゃない」

???「そりゃまあ、そうなんだけどな……。まだ色々決まってないところも多いし」
???「くす。大人は色々体裁とかあって大変ですね。でももう、舞台に上がっちゃったん
   です。自己紹介といきましょう。皆さん、初めまして。僕はアルフレッド・バークリー。
   今は11歳です。ここの伝統のバークリー家ですね。次代の管理人というわけです。
   アルフと呼んでください。ケルベロスとしてなら、“エクスターミネイトフィールド”に
   なるのかな? 上手く能力を形に出来れば」

???「私は貴石連たかいし・つらね。この間まで日本の普通の女子高生だったはずなんだけど。
   称号は“砂礫降る”。どんな能力かは、私たちの物語が始まってからのお楽しみね。
   さ、後はおじさんだけよ」

???「……おじさん言うな。あー、アルトゥーロ・リゲル=トーレスだ。長けりゃアルトとでも
   呼んでくれ。二丁拳銃のガンスリンガー。二十五歳。二つ名は《エスコルピオン》。特別目立つ
   人間じゃねぇよ、俺は」

連「その西部劇のようなウェスタンウェアがすごく目立つと思うんだけど?」
アルト「うっせぇな。支給品のケルベロスコートにガンベルトなんて、似合わねぇだろうが」
アルフ「実際のところ、事前登録特典の必殺技って、どこまで出来ると思います?」
アルト「んー、俺の追尾誘導射撃ホーミングショットや嬢ちゃんの石化爆散くらいなら何とかなると思うが、坊主の
   殲滅領域か? あれは厳しいと思うぞ」

アルフ「まあ、仕方ないですよ。あまりに強力すぎると、ダメ出しされちゃいますからね」
連「ていうか、さらっと私の必殺技バラしてるし!」
アルト「そんな隠すほどでもないだろうに。伏せておかなきゃいけないのは、坊主のみたいに
   無茶なやつだけだ」

アルフ「ジョブなんかは追々語っていきましょう。そうそう、僕たちは三人とも地球人です。
   背後さんって言うんでしたっけ? その人がかなりの人間中心主義者ヒューマニストでして」

連「後々争いの種にならなきゃいいけどね」
アルト「おい、そろそろ顔出しは十分じゃねぇの。引っ込もうぜ、なぁ」
連「大人のくせに意気地無しなんだから。でも、今出せる情報はここまでね。ジョブは変える
   かもしれないし」

アルフ「はい。今はまだ場所を借りている身です。そろそろ引き上げましょう。それでは、まだ
   見ぬケルベロスの皆さん、僕たちをどうぞよろしくお願いします」
2015.08.01 Sat l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1154-62b90ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)