【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「台湾南部にある潮音寺チャオオンシで、昨日、旧帝国軍の軍人さんへの慰霊祭が営まれたそう
   です」

アリス「敵も味方も、死ねば仏。そういう文化風土には、羨ましいものを感じるわ」
ギィ「他の国だと、死んでも鞭打つのが普通っすからね」
紅緋「日本での終戦記念日が近いですからね。旧軍関連では、うずめ様の系列の刺青羅刹が
   何か関わっていそうですが」

アリス「その辺りはセンシティヴな話になるわね。先の大戦で戦った軍人の遺族がまだ存命
   だし」

ギィ「過去はまだ歴史になっていないんすね」
紅緋「あの戦争は、本当に避け得ないものだったんでしょうか……?」
アリス「それを決めるのは、もう少し後の歴史家の仕事でしょう。私自身は、正直、太平洋戦争
   があったからこそ、東南アジア諸国の独立があったとは思うわ」

ギィ「WWII以降、各地で独立運動が盛んになったっすからねぇ」
紅緋「日本人としては、やっぱり各国の反応が気になるところですよ」
2015.08.03 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1155-b9d4074e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)