【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「夏休みだっていうのに、ダークネスは相変わらず悪さをしてます」
アリス「カンストしてるんだから、大人しくしてればいいのに」
ギィ「いや、アリスみたいに運命を六個溜めたいっす」
紅緋「今のうちに、運命を溜めておいて、上限解除されたらすぐに使いたいです。それじゃ、
   先に私から報告いきますね」


  シナリオ『ポケットティッシュは魅惑の罠』

紅緋「人通りの多い場所で堂々と罠を張っていた淫魔を灼滅してきました」
アリス「結構余裕な感じじゃない。監視中にスイーツたっぷりとか」
紅緋「お務めと甘いものは別腹です!」
ギィ「胸じゃなくお腹が出ても知らないっすよ。あーあ、自分もそっちの依頼行きた
   かったっすね。つーわけで、自分の方の依頼っす」


  シナリオ『竜種イフリートの洞窟』

アリス「最近流行りの、竜種イフリートのねぐらに一般人がなぜか迷い込むケースか」
紅緋「私が戦った個体より、随分小さい」
ギィ「今回は大型犬程度だったっすね。一般人の避難に手間取った以外は問題なく」
アリス「さて、二人が出した事後の推理、当たるかしらね?」
ギィ「当たれば面倒はないんすけどねぇ」
紅緋「やっぱり難しいですー」
2015.08.08 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1157-45753fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)