【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「やれやれ、怒濤の一日がようやく終わるか」
アルフ「おつかれさまでした。ミルクティを淹れましたのでどうぞ」
アーティ「お、悪いね」
連「私もいただくわ」
アーティ「俺の登録途中で行き詰まったときはどうなるかと思ったが、なんとか
   なるもんだなぁ」

連「若いIDを狙わなければ、そんなに問題ないんだけど」
アーティ「だってよ、スタートダッシュってやつやりたいじゃん」
アルフ「依頼に行けるかどうかはともかく、皆装備と必殺技を承認されて
   よかったですよ。ボクら、必殺技から称号を作ってますからね」

連「一番心配だったアルフのファンネルも承認されて、めでたしめでたしね」
アルフ「そこで満足しちゃダメです。これはあくまで第一歩。デウスエクスを
   倒すために、全力を尽くさないと」

アーティ「うちは旅団の運営を大過なくやっていければいいかね。旧代みたいな
   規模三位とかは無理だわ」

連「まあ、全てはこれから。第二次大侵略期を乗り越えましょう」
2015.08.17 Mon l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1159-7c61400f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)