【Alice & Guy & Benihi】
アリス「MAD六六六の密室作成者アツシに、ようやく手が届きそうなところまで
   来られたわね」

紅緋「闇堕ち二人を出してまで、密室警備の担当者だった闇堕ちさんを救出した
   ボーナスです。やっぱり灼滅者は人命第一」

ギィ「つーわけで、自分ら三人、それぞれに密室へ殴り込みっすよ」
紅緋「私はやっぱり、デモノイドロードを相手にします。シャドウも羅刹もいない
   以上、選択は一択。何が正義で何が悪なのか、見極めてきますよ」

アリス「私の相手は、六六六人衆番外で自称『姫君』。まあ、番外でも六六六
   人衆は六六六人衆ね。ろくなもんじゃない」

ギィ「自分の相手も六六六人衆番外っす。藤岡大輔。どこにでもいそうな中年
   サラリーマンが、実はダークネスとか、回りを疑ってかからなくちゃいけなく
   なりそうっす」

アリス「各自、相手や状況は違うけれど、油断無くダークネスを灼滅して、密室を
   解放するわよ!」

ギィ「もちろんっす!」
紅緋「分かってますよ。しっかりお務めは果たします」
2015.08.21 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1161-354642fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)