【Alice & Guy & Benihi】
アリス「政治経済を語るのも久しぶりね」
ギィ「色々ダークネスが動いてたっすからねぇ。それを追うだけで一苦労だったっす」
紅緋「安保法案とか、身近すぎて触りにくい話が続いていたせいもありますが」
アリス「反対する連中は何を考えてるのかしらね。一連の法案は、『自衛隊を法の下で
   運用する』って話なのに、出動命令を出すたびに超法規的措置を執れっていいたい
   のかしら?」

ギィ「ここで本音を垂れ流すと、色々厄介になるのでそれくらいで。ただ、ここに自民党
   公式サイトへのバナーが置いてある時点で、うちのスタンスはお分かりかと思う
   っすけどね」

紅緋「ていうか、本題に入りましょう」
アリス「そうね。今日のお題は英連邦コモンウェルスの一角オーストラリアの、首相交代について」
ギィ「首相である与党自由党のアボット党首が、党首選でターンブル氏に敗れて、政権の
   枠組みはそのままに首相交代っす」

紅緋「アボットさんは安倍総理と親交が深かったですから、対中包囲網を意識するなら
   痛手ですよ」

ギィ「今のところ、ターンブル新首相のポリシーについては詳細な報道はないっすね。まさに
   ダークホースだったんでやしょう」

アリス「伝え聞くところによれば、リアリスト。政策も大体は踏襲するみたい」
紅緋「中共との関係とか、日本の潜水艦導入とか、一体どうなるんでしょうねぇ?」
アリス「施政方針演説をやると思うから、それで大まかなところは掴めるでしょ。
   出来れば日本の同盟国であってほしいわ」
2015.09.15 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1179-70c7130a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)