【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「いよいよ、デウスエクスとの戦いも本格化してきましたね。ボクは工場を占拠した
   ダモクレスを討滅してきました」


  シナリオ『その工場は怪しく軋む』

アーティ「俺も一件片付けてきたぜ。同じくダモクレスだ」

  シナリオ『人類アンドロイド化計画』

連「なーんかうちのメンバーってダモクレスに縁があるよね」
アルフ「何より入りやすいですからね。エインヘリアルやヴァルキュリアなんてとてもとても」
アーティ「しかし、相談日の最後に優先依頼が出て、移動も出来ずに見送りとかは、勘弁
   してくれって思ったな」

連「それ、私も思った。私はまだ相談途中だったから移動しちゃったけど」
アルフ「ボクはちょうど、出発した日の正午に予約締切でしたので、運がよかったです」
アーティ「推理的中者が依頼に入ってる間は優先依頼が出せないようなシステムに
   出来ないものかねぇ?」

アルフ「ちょっと要望送ってみましょうか?」
2015.10.05 Mon l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1187-404ec9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)