【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「朱雀門高校を出奔した副会長を求めて刺青蝙蝠タトゥーバットをばらまいてた変態
   子爵の拠点がついに割れたっす!」

アリス「長かったような短かったような。刺青蝙蝠の跳梁は、ほとんど私たちが
   カンストしてた間の出来事だったし」

ギィ「直に変態子爵を殴るのは出来やせんが、突入する皆さんのために、蝙蝠の
   援軍は防がせてもらうっすよ」

アリス「そっちはちょっと厳しめの案件ね。私の方も決して楽では無いんだけど」
紅緋「アリスさんの方でも、眷属十二体ですからね。お二人とも、お気を付けて」
ギィ「まあ、まだ死ぬ気はないっすから」
アリス「闇堕ちも勘弁ね」
紅緋「シャドウハンターの私としては、アンデッドダークネスになっちゃった
   クロキバさんと接触するタカトの動静から、目が離せません」

ギィ「ああ、そういやシャドウ関係まとめてやしたっけ」
紅緋「結果が出たら、改訂版をあげます」
ギィ「あとは軍艦島っすね。うちからもお一人参加されやした。無事に帰ってきて
   くれるといいんすけど」

アリス「難易度至難だものね。私たちには成功を願うしか出来ないわ」
2015.10.23 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1193-e0824e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)