【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「ちょっと早めのハロウィンパーティーで、螺旋忍軍の暗殺者を討滅して
   きたぜ」


  シナリオ『黒曜の舞台』

アルフ「英国のお城ですね。ボクも行ってみたかったなぁ」
連「全世界決戦体制ケルベロス・ウォーに協力した各地の有力者を付け狙うなんて、螺旋忍軍って
   本当陰湿」

アーティ「忍者だからな。弱いところを狙ってくるのは当然だろう。もちろん、そんな
   ことはさせやしないが」

アルフ「アルトゥーロさんはいつもの服装だったんですね。たまには仮装してみれば
   いいのに」

アーティ「よせよせ。この歳でそんなこと出来るかよ」
連「さて、私は情報収集の結果函館に向かうことになったから、関東の方はアルフ
   お願いね」

アルフ「はい。レンさんの抜けた穴はしっかり埋めておきますので、憂いなく北国へ
   旅立ってください」

アーティ「よくもまあ、抜けた穴に入れたもんだよ。ま、二人とも頑張れ。俺も一つ
   お務めをこなさなきゃいけないがな」
2015.10.27 Tue l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1194-af2de845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)