【Alice & Guy & Benihi】
アリス「塩野義製薬が画期的なインフルエンザ薬を開発中ね」

  『1回の投与でインフル治療の新薬! 塩野義、30年に発売へ』(2015年10月30日付け 産経WEST)

紅緋「ええと、これまでのお薬は、インフルエンザウィルスの拡散を防ぐだけ
   だったのに対して、開発中のこのお薬はウィルスの増殖そのものを抑える
   んですね?」

ギィ「治療法の大転換っすね。悪疫に対する人類側の切り札」
紅緋「でも、インフルエンザって、そんなに怖いものなんですか? 風邪の酷い
   ものと違うんです?」

アリス「1918年~19年に流行したスペインかぜは、感染者5億人、死者5000万人
   ~1億人を記録したわ。致死率2割。インフルエンザの一般的な症状は、『高熱』
   や全身倦怠感、食欲不振などの『全身症状』が強く現れるのが特徴なの。普通の
   風邪は、そこまでいかない」

ギィ「この薬、厚生労働省も承認を急ぎたいみたいっすね。リスクマネージメントに
   ビジネスチャンスでもあることを考えれば当然っすか」

アリス「ビジネスは脇に置いて、これで人類とインフルエンザの戦いに終止符が
   打たれることを願うわ」

紅緋「三年後の市販が目標みたいですね。研究者さんには頑張ってほしいです!」
2015.10.30 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1197-8e13265b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)