【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「いやーないやーなマラソン大会も終わって、武蔵坂学園もハロウィン一色っす」
アリス「マラソン大会は、物好きな人が出る競技って感じになってきたわね」
ギィ「一応学校行事のはずなんすけどね。自分なんか近寄りもしなかったっす」
紅緋「さて! ハロウィン気分はそれくらいで! 私の依頼が二つ返ってきましたよ!」
ギィ「わざわざ梯子してるって大声で言わなくても」
紅緋「初めの依頼の返却は、二番目の依頼の出発後だと、きちんと計算していましたよ?
   さすがに同時返却されるとは思いませんでしたが」


  シナリオ『『智』を身に宿す殺戮者』

紅緋「まずこちら。大淫魔スキュラが遺した犬士の霊玉から生まれる予備の八犬士、
   スキュラダークネスの灼滅です」

アリス「スキュラもどれだけの数を遺してるんだか」
ギィ「生まれたての犬士は名すらなく滅ぶのみっすか。なんだか哀れっすね」
アリス「ダークネスに同情してたら、灼滅者なんてやってられないわよ」
紅緋「そういうことです。そして次」

  シナリオ『用心棒吉岡一文字』

紅緋「こちらの背景説明はちょっと複雑かも。琵琶湖周辺で、安土と天海僧正が
   小競り合いしてるんですが、両勢力を陣営問わずにいけないナースが治療
   してるからそれを灼滅する作戦を学園はとってまして。で、それに対抗して、
   安土城怪人が精鋭の刀剣怪人を繰り出してきたわけです」

アリス「刀剣怪人って、どこから飲み食いしてるのかしら?」
ギィ「酒好きに悪い奴はいないっす!」
紅緋「一杯いますよ!?」
アリス「で、紅緋はもう次の依頼に入ってるのね。よくやるわ、本当」
紅緋「カンスト解除されましたからね。頑張りますよ!」
2015.10.31 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1198-cf251479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)