【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「依頼を二件、こなしてきました」

  シナリオ『踊れ絡繰り阿鼻を喚べ』

アルフ「こちらは高位の死神が他のデウスエクスに『死神の因子』を植え付けて
   暴れさせ、ボクらに討滅させてからグラビティチェインを回収しようという策
   でした。残念ながら、市民に犠牲を出してしまいましたが……」

アーティ「いつも100%上手くいくわけでもなかろ。考えすぎるな」
アルフ「……はい。ありがとうございます。――次は、ローカストが少年に知能の
   低いローカストを貸し与えた一件」


  シナリオ『君だけのカマドウマ』

アルフ「少年の誘導に向いてなさそうだったので公園で待機してましたが、もっと色々
   出来ないとダメですよね」

連「いやいや、向き不向きってあるから。それとも、この依頼でも心残りがあった?」
アルフ「いえ。そうですね。ボクはボクの仕事をこなせました」
連「なら、それでおっけ。――そして次はあたしたちの番ね。《蠍》さん、気を入れて
   いくわよ」

アーティ「若人は元気でいいねぇ。俺はあんまり無理したくないんだがな」
2015.11.22 Sun l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1215-75cf59ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)