【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「色々あって報告が遅れたっすけど、この前の依頼っす」

  シナリオ『古代の力目覚めし者……俺!』

アリス「あー、黒歴史ねー。ぶっちゃけ力に目覚めるのなら、どの種族のサイキック
   でもいいと思うんだけど」

紅緋「ていうか、プレイングに『灼滅も視野に入れて』ってあるんですけど……?」
ギィ「だって、よく言うじゃないっすか。『馬鹿は死ななきゃ治らない』」
アリス「まあ、私たちの背後が、超古代史とか超科学とか超自然現象が大っ嫌い
   だものね。マーティン・ガードナーの『奇妙な論理』を聖典に、『ハインズ博士
   「超科学」をきる』、『人はなぜ歴史を偽造するのか』『インチキ科学の解読法』
   『人類はなぜUFOと遭遇するのか』などなど、疑似科学を鎧袖一触する書籍
   ならかなり揃ってる」

紅緋「偏屈ですねぇ」
ギィ「疑似科学を利用するなら、裏とりは欠かせないっす。どこがどう論理的に
   間違ってるか、予習しておくのは無駄にならないっすよ」
2015.11.28 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1220-95d26d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)