【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「いよいよ戦争は明日に迫りましたが、お二人はお勤めおつかれさまでした!」
アリス「まあねぇ、作戦のためとはいえ、仲間内で二チームに分かれて戦闘不能になる
   まで真剣勝負とか、勘弁してほしいわ」

ギィ「そういいつつ、実は負けたのが悔しいだけなんじゃないっすか?」
アリス「私はそれほどガキじゃないわよ」

  シナリオ『ナースを倒すため、まずは仲間を全力で!』

ギィ「自分の方は闇堕ち救助っす。あの子爵邸で、皆を刺青蝙蝠から守るために闇堕ち
   された方を、灼滅者に戻してきやした」


  シナリオ『ノブレス・オブリージュ ~新たな秩序を作る為に』

アリス「人とダークネスの共存か。朱雀門瑠架も似たようなことを考えてるみたいだけど」
紅緋「“理想王”プレスター・ジョン陛下のお言葉では、人が『全き光』に到達したなら共存も
   あり得るとか」

ギィ「で、その結果があのタカトっしょ? ダークネスを支配して悦に入ってるだけじゃないん
   すかね?」

アリス「タカトは、これ以上うろちょろされないように、今度の戦争で殺しておきたいわね」
紅緋「今度の戦争の主役はシャドウです! しっかり頑張りますよ!」
2015.12.05 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1224-7967a595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)