【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「乙未きのとみの年が間もなく閉じ、丙申ひのとさるの年が間もなく訪れようとしています」
ギィ「ええと、自分らにも分かるように話してもらえないっすか?」
アリス「グレゴリオ暦でお願い」
紅緋「ええ? 西暦好きじゃないんだけどなぁ……。ま、いっか。さよなら2015、ようこそ
   2016?」

ギィ「いい加減西洋式に慣れやしょうよ。いつの時代の人間っすか?」
紅緋「そう言われても……」
アリス「ま、いいわ。2015年も色々あった。ISILの台頭と、中東に留まらないテロの輸出。
   ロシアのクリミア支配強化とトルコによるロシア軍機撃墜。キャメロン首相の軍縮から保守
   党本来の政策へ立ち返るように見える外交・軍事レビュー」

ギィ「トルコから南の地中海南岸諸国は、いまだに混迷を続けてるっすね。ISILの話題に
   隠れて、イランや神の党ヒズブアッラーの動静が聞こえてこないのが不気味っすよ」

紅緋「ISILはスンニ派ですからね。シーア派のその辺が手を貸すはずがない。ただ厄介な
   場所で活動してくれますね、連中は」

アリス「あの辺り、クルド系も多いから、一度クルド武装組織が動き出せば、自国内への波及を
   恐れるトルコも手を出さざるを得なくなる。更にそのトルコはNATOメンバーだから、誰か
   がその気になれば、いくらでも紛争ドミノは波及していくわ」

ギィ「東西冷戦終結後の『平和の配当』は、もう終わったんすかね」
アリス「それは、イラク戦争の時点で賞味期限切れだったんじゃない?」
紅緋「そうであっても、成長こそ人類の歩むべき道。その姿がアジアに現れるはずです」
アリス「日韓外相会談?」
紅緋「いえ、そんな些事はどうでもよくて。当年12月31日に発足するAECことASEAN経済
   共同体です!」


  『6億人の巨大市場誕生 日本企業にも恩恵大きく 域内経済格差がネックか…』(2015年12月28日付け 産経新聞)

ギィ「うーん、EEC発足時に比べても、国の数が多く、経済規模も国土面積も揃っていない」
紅緋「それは欧連みたいな経済統合は無理ですよ。第二第三のギリシアが出てくるだけです」
アリス「関税同盟とか通貨統合はやらないみたいね。それしたら、域内に搾取する側とされる
   側が生まれて格差が広がるだけだし、現実を見てると思うわ」

紅緋「支援と投資をどう進めていくかですよね。人口六億人の市場にして生産基地。米国
   よりも中共よりも早く、日本が食い込むべき戦略拠点だと思います!」

アリス「キャメロン・レビューは、中共に触れてないのよね。極東のことは極東に任せるつもり
   でしょ」

ギィ「フランスもテロとの戦いで忙しいっす。あとは、合衆国がどれだけ食い込む野心を見せる
   かっすね」

紅緋「米国、豪州、印度、今回のAEC。これくらいで中共を封じ込められればいいんですが」
2015.12.28 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1233-46c3d712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)