【Alice & Guy & Benihi】
アリス「年末だっていうのに、二人ともお疲れ様」
ギィ「ま、大したことはしてないっすよ」
紅緋「ダークネスにもその尖兵にも、年末年始はありませんからねぇ。まずは私から報告で」

  シナリオ『クリスマスを染める赤色』

紅緋「クリスマスの赤は米国発祥で、原典では違うと聞きましたが?」
アリス「欧州のクリスマスは、キリスト教以前の民間伝承が多く取り入れられてるからね。
   サンタクロースがいい子にはプレゼントを、助手のクネヒト・ループレヒトが悪い子に
   石炭やジャガイモを渡すとか。あとは零落したオーディン神が、クリスマスの夜に白馬で
   駆け回るとか。そもそもクリスマスは冬至を過ぎて昼が長くなっていくことへの喜びを……」

ギィ「ストップ! 蘊蓄はもう十分っすから!」
アリス「もう! これからが楽しいのに……」
ギィ「あとで自分たちがしっかり聞くっすから! そろそろ自分の報告に移らせてくださいな」

  シナリオ『槐の古木に宿るモノ』

ギィ「スサノオが呼び起こした古の畏れ・えんじゅの邪神を灼滅してきたっす」
紅緋「あー、神様が祀られなくて妖怪になるとかその逆とか、よくありますからねぇ」
ギィ「ま、今の自分たちなら、この程度を相手にしている限り負けないっすよ」
紅緋「私が相手した強化一般人も、大したことなかったですね」
アリス「二人とも、相手が何だろうと油断しないこと」
紅緋「はーい」
ギィ「それは分かってるっすよ。その上での判断っす」
2015.12.29 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1234-fad78607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)