【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ふう、何とか依頼には入れたというか放り込まれたというか……」
アリス「『難しい』依頼よ。もっとやる気出しなさい!」
ギィ「そりゃアリスは、ソロモンの悪魔が宿敵だからいいでやしょうけど」
アリス「宿敵と言えばね、私が入った依頼は他に魔法使いが予約してなかったの。
   だから締切間際に使ってた運命を回収して、一位圏外でじっと待ってた。
   そしたら案の定受かったわ」

ギィ「ずるいっすよ、それー!」
アリス「うるさいわね。私だって胃が痛かったんだから」
紅緋「それで、お二人はどんな悪魔を相手にされるんです?」
ギィ「自分の相手は、海食洞に陣取る海将フォルネウス。言うなれば海の支配者っす」
アリス「序列は三十位。水辺での戦闘に特化したタイプね。私の相手は序列六位ヴァレ
   フォール。盗賊の背を押す悪魔。どちらも伝統的な姿からは外れているけど、斬新さ
   も確かに欲しいものね」

紅緋「斬新コーポレイションみたいな斬新さならいりませんよ?」
アリス「あら、残念」
紅緋「残念なのは私もです。今入ってる依頼が一日早く出発なら、ダイヤスートの全体
   依頼に入れたのに……」

ギィ「禍福は糾える縄の如し。いつかは、この瞬間のためにあの時があったのかって
   思う時が来るっす」

紅緋「……いいですけどね。さすがに出発間際の依頼で、全体依頼が来たから抜けたい
   っていうのは通りません。それより――お二人とも無事に帰ってきてくださいよ?」

ギィ「もちろんそのつもりっす。重傷負ってるかもしれやせんが」
アリス「努力はするわ。確約は出来ないけど」
2016.01.02 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1237-412aac5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)