【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ニースでのトラック突入テロの次は、トルコでクーデター未遂っすか」
紅緋「欧州は荒れていますね」
ギィ「トルコを欧州と認めるかは人それぞれとしても、NATOの中東拠点ではあるっすね」
アリス「ニースの方の実行犯は促成栽培テロリストだったみたいだけど、どんな風に
   洗脳したのかしらね。それこそ、『虐殺器官』?」

紅緋「治安機関のテロリスト予備軍リストに入ってなかったくらいですし、よほど強烈な
   体験を経て転んだのではないかと」

ギィ「こういうことがあって間もないのに、自分は学園祭で楽しんでていいのかって思うっすよ」
アリス「あんたが不幸ぶったって誰も生き返らないわ。せいぜい蕎麦屋をがんばりなさい」
ギィ「辛辣っすね」
アリス「私に甘さを求めるならお門違いよ」
紅緋「昨日は昨日で、トルコで国軍のクーデター未遂がありました」
アリス「ややこしいのは、反乱部隊の方が世俗派で、イスラーム色を強めるエルドアン大統領
   への反発から決起したところよ」

ギィ「一昔前のトルコ軍は、イスラームの政治への浸透を防ぐ、政教分離の守護者だったと
   聞くっすけどね」

紅緋「でも、今の与党はイスラーム系の公正発展党。国民の支持は固く、軍部の中ですら
   同調者は少なかった」

アリス「政府が気に入らないなら、選挙で落とすしかないのよ。それが民主主義の手続き」
ギィ「クーデター派の兵士は義勇心からの決起だったんでやしょうけど、今の時代には
   合わなくなってたんすね」
2016.07.17 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1254-b1fb55bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)