【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「ボクも久しぶりに依頼に行ってきました」

  シナリオ『追憶と幻想のメモワール』

アーティ「こりゃまた、とんだ天使様だねぇ」
連「廃屋をさまよう天使かぁ。幻想的だけど、実際に一般人と遭遇したら大変だもんね」
アルフ「まあ、ダモクレスは手に負えないほどの存在ではありませんでしたし、もう少し、
   庭の様子を楽しんでいけばよかったかもしれないです」

連「勿忘草ね。綺麗だったんでしょ?」
アルフ「はい、それはもう。写真撮ってきましたから、見てみますか?」
連「見る見る!」
アーティ「ふん、俺にゃ関係の無い話か」
2016.07.21 Thu l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1256-21a23e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)