【Alfred & Tsurane】
連「ケルベロス大運動会も明日に迫ったわね。ここインドで、頑張っていきましょう」
アルフ「《蠍》さんは冷房の利いた日本の自宅でTV観戦ですか。いいご身分です」
連「それにしても、これって思いっきり、リオ・デ・ジャネイロ・オリンピック/パラリンピック
   に期間がかぶってるけど、なんでこの時期に?」

アルフ「この間、全世界決戦体制やっちゃいましたから、世界経済が停滞リスクを背負い
   込んだんわけですよね。それで景気を上向かせるために相乗効果でこの時期に
   したんじゃないでしょうか?」

連「だからと言って、まともにぶつけなくてもいいと思うんだけどな。どっちかずらすとか」
アルフ「いやいや、オリンピック/パラリンピックの方は、IOCが数年前に決めたんですから」
連「大会始まってから聞かなくなったけど、現地の反対運動ってどうなってるんだろう? 昔は
   ブラジルも新興成長国の代表みたいな感じで、BRICsとか言われてたけど、今や経済は
   マイナス成長」

アルフ「そのBRICs自体がまやかしだったんじゃないですか? 『石油こそ我らがすべて』の
   ロシアは原油安が直撃してますし、中共は過剰生産力による在庫だぶつきで今やチャ
   イナリスクです。ブラジルは先に言われたとおりですが、さらにルセフ大統領の弾劾訴追
   で政治的にも混乱してます」

連「結局、BRICsで生き残りそうなのはインドだけか」
アルフ「です。これがインドとブラジルの代理戦争にならないといいんですけど」
連「私たちはインドの代表でも何でもないわよ。でも情報局にそういう話題を投げ込む人は
    いるかもね。オリンピック関係」

アルフ「まあ、明日は競技をがんばりましょう」
2016.08.10 Wed l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1261-8d0390cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)