【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「いよいよSFの世界が到来しようとしてるっすよ」

  『「レールガン(電磁加速砲)」日本独自で開発へ 時速7240キロで発射』(2016年08月22日付 SankeiBuz)

アリス「軍事SFものだと、基本的に通常弾はレールガンでってことが多いわよね」
紅緋「原理的には、初速に限界が無いんでしたっけ?」
ギィ「ちょっと違うっす。投入する電力で初速が決まるっすけど、電気抵抗や砲身と弾丸の
   摩擦なんかが理論的限界を決めるっす」

アリス「今は弾丸程度のものを発射する兵器でしかないけど、開発を進めて民生用に
   スピンオフしたら、そのままマスドライバーになる。運輸という観点から見ても
   一つの革命よ。ぜひとも、両方の研究を進めてほしいわ」

ギィ「ただ、そうして蓄積された技術が結びついて大質量兵器マスドライバー・キャノン
   が生まれると厄介っすけどねぇ。実質、巨大隕石の落下に等しい被害を出せる
   っすから」

アリス「うちの初代が参加してた『あれ』ね。2週目はMDCの撃ち合いになって
   辛うじて勝ち残ったんだっけ」

紅緋「まあ、平和利用が一番ですよ」
2016.08.22 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1265-c577b37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)