【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「ボクらもついでに解凍ですか」
アーティ「別にサボってたわけじゃないんだがな。依頼にこそ行ってないが」
連「ついでに先月の戦争出損ねたしね」
アルフ「今のところは、ぼやくくらいしかすることありませんか……」
アーティ「そうなるな。何か話題があれば、旅団で話題にするし」
連「ここで喋ったから旅団で喋っちゃいけないなんてルールはないでしょ?」
アーティ「『同じ詞(ことば)はふたつもいらない』。川上氏の座右の銘だが、恐れ多くも我らが
   背後殿はその精神を実践したいそうだ」

連「変な意地張るの、やめてほしいわね……」
アーティ「そういえば、おまえら、結構所属変わったよな。アルフがひとつ、レンがふたつ、旅団
   を変えたか」

アルフ「いつまでも停滞してるところにいても仕方ないです。せっかくのこの世界、もっとたくさん
   の人といっぱい喋らないと!」

連「そういう考えが、ここの一時休止につながったわけだけど、今度は大丈夫かしら?」
アーティ「お勤め明けの夜にまとまった時間がとれるようになったから、今度は大丈夫じゃ
   ないかね?」

アルフ「でも、なかなか話題無いですよ、ボクら。政治経済は旧代の人達が語っちゃいますし」
アーティ「世界経済を踏み台に全世界決戦体制を発動する俺らこそ、政治経済を語るべきだと
   思うんだがなぁ」

連「その辺わからないからパス! あたしは殴った相手のことだけ語ってたいわ」
アルフ「まあ、それもしばらくは望み薄で。まずはダンジョン全開放しなきゃですし……」
アーティ「やれやれ、どうにも不景気だな」
2017.01.23 Mon l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1285-d2c14f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)