【Alice & Guy & Benihi】
アリス「毎度ながら、戦争になるとはしゃぐわよね、私たち」
ギィ「やっぱ、相談したことを整理して、一つの文書にするってのは面白いっすよ」
紅緋「背後さんは、書くことが好きですからねぇ。結局、ギィさんと私の二人が、それぞれの
   連合でプレイング書いてますし」

ギィ「アリスも、プレ担当狙ってたんじゃないっすか?」
アリス「さあ、どうかしらね。いい加減、古参がプレ担当を独占するのはやめた方がいいと思う
   けど」

ギィ「ま、自分らがいなくても、誰か書くっしょ。事実、背後がいなかった時期の戦争はしっかり
   誰かが書いてくれた訳っすから」

アリス「名古屋の一件ね。戦争してる間に学園が襲われて途中終了だっけ?」
紅緋「それはプレイングとは関係ないと思うんですけどね」
アリス「それはともかく、他に書きたい人がいたかもしれないのを押さえて出張ってるわけ
   だから、それを自覚して、恥ずかしくないものを提出してきなさい」

紅緋「はいっ。一命を賭しても!」
ギィ「まあ、最低ライン以上は行きたいっすね」
アリス「プレイングが終わったら、明日一日は休養か。当日がんばりましょう」
ギィ「組連合での相談、忙しくなるっすかねぇ?」
紅緋「相手はシャドウ。私も当日はしっかり動きたいです!」
2017.01.27 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1290-85cb6f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)