【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「うーむ、まさかの普通っぽいバレンタイン企画が来るなんて。どこに行くか迷う」
アルフ「こういうイベントでも、やっぱり復興とセットなんですね」
アーティ「ミッション破壊作戦で解放された地域の復興が名目だな」
アルフ「St. バレンタイン・デイくらい、普通に楽しめばいいと思うんですけど」
連「復興任務と絡むから、どうしてもバリエーションが少ないのよね」
アルフ「デウスエクスがいなくなったんだから、あとは行政が……って、ヒール要請が込みか」
連「ともかく、彼女にお手紙出して相談中」
アーティ「俺は、ワインの一本でも女房に贈るかな。カロン・セギュール2012くらいでいいか」
連「自分が飲みたいだけじゃないの?」
アーティ「さて、何のことやら?」
アルフ「ボクはどうしようかな。贈り物って、考えるのが難しくて」
連「彼女さんのお誕生日前にも、そうやって悩んでたわね。結局結社アイテムでお茶を濁したんだっけ?」
アルフ「まあ、そうです。今回は、勘弁してもらいましょうか。この前贈ったばかりですし」
アーティ「実に、青春だねぇ」
連「何か文句でもある、おじさん?」
アーティ「いやいや別にぃ。少年少女の恋愛、応援してるぜ?」
連「うさんくさいなぁ」
2017.01.31 Tue l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1295-24466ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)