【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「暗殺武闘大会決戦は、六六六人衆の上に君臨するハンドレットナンバーの暗殺でした」
アリス「二桁の序列持ちどもね。道理で『暗殺』なんて謳ってるはずだわ」
ギィ「予選を突破した強力なはずのダークネスたちが、まるで手も足も出てないっすよ」
アリス「選択肢としてならいろんな道があるけど、現実的にはダークネスと共闘して二桁を灼滅
   するしかないわね」

紅緋「私たち狙いじゃないですし、ダークネスもそのままだと全滅なので、上手く話を持って
   行けば共闘は可能かな?」

ギィ「相手にヴァンプがいない分、自分としては手を組むのにやぶさかじゃないっすね」
アリス「実際にどう動くかはこれからの相談次第だけど、選択肢としてはほぼ決まりかしら」
紅緋「ミスター宍戸は、私たちの加勢まで読んで計画立てたんでしょうかね? だとしたらたち
   が悪い」

ギィ「軍艦島で捕まえられなかったのが、今になって効いてきてるっすよ」
2017.02.01 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1296-25579158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)