【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「調停期の末期に、ロシアのブトラナ台地ごと消滅した都市イガルカ市が、ダンジョンと
   化して富山平野に現れたそうですよ」

アーティ「早いところ乗り込んで、この目で実情を確かめたいところなんだがな。いかんせん
   ★が無いと探索できん」

連「世知辛いわねー」
アーティ「あのロシアの抉れた地域のことは、調査したいって事後行動に送ったこともあるん
   だが」

連「同じこと考えた人は山ほどいると思うわよ。もっとひねらないと」
アルフ「それこそ今回の事態をピタリと当ててなかったら、黙殺でしょうね」
アーティ「ネタビルシャナと違って、それ以外の情報収集は難しいからなぁ」
連「さて、私たちが探索できるようになるのはいつになるのかしらね? 早いところ★が欲しい
   ものだわ」
2017.02.10 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1303-1c269073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)