【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「闇堕ちしたストリートファイターさんをお一人、連れ帰ってきました」

  シナリオ『武人の申し出』

ギィ「こりゃまた、気持ちいいくらいに典型的なアンブレイカブルっすね」
アリス「血まみれの六六六人衆よりは余程ましに見えるわ。でも、アンブレイカブルと六六六
   人衆は、近いうちに合流するのよね」

ギィ「元々アンブレイカブルも六六六人衆も、自分の力を高めることにしか興味がないっす
   から、その辺で繋がったんでやしょうね。新組織の性格はどうなるか。あんまり考えたく
   ないっすよ」

紅緋「今はまだアンブレイカブルは一般人をあまり襲いませんけど、六六六人衆の殺戮衝動
   が感染したら、今回の方みたいに穏便にいかなくなるかもしれません」

ギィ「歴史に『もしも』なんてないっすけど、暗殺武闘大会決戦で二桁連中を見逃してたら、
   身内でつるもうっていうミスター宍戸の計算を狂わせることができたっすかね?」

アリス「今より厄介な事態になってたと思うわよ。ミスター宍戸は何かの企みを続けるでしょう
   し、雲隠れした二桁がたまに殺戮に現れるのを止めないといけない。サイキック・アブ
   ソーバーの予知無しで」

ギィ「やっぱりそうなるっすよねぇ。でも今は、単発で出てくる六六六人衆を灼滅するしかない
   っすか……」

紅緋「サイキック・リベレイターを照射した屍王も忘れないでくださいねー」
2017.02.17 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1308-166ab609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)