【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「グラディウスを使ったミッション破壊作戦から帰ってきました」

  シナリオ『ミッション破壊作戦~磁石は方角を示す、道は示さない』

アーティ「ん、おつかれだな。強襲型魔空回廊の破壊には至らなかったが、全員無事ならまた
   の機会もあろうさ」

アルフ「でも、やっぱり回廊を潰せなかったのは悔しいですよ」
連「急かない、急かない。グラディウスがある限り、破壊は時間の問題なんだから」
アルフ「そのときにボクが参加してるとは限りませんけどね」
アーティ「ま、過ぎたことだ。あんまり引きずるな。次の依頼に行くんだろ?」
アルフ「はい。死期が近いドラゴンの襲撃を防ぎに行ってきます!」
連「今の私たちじゃ、前衛は張れないよねぇ」
アーティ「去年の空白期間の影響だな。これからどれだけ取り戻せるか?」
アルフ「ボクは大人しくメディックで支援するつもりです」
2017.02.18 Sat l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1309-0b0aa749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)