【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「スペインでバスク地方の独立を目指してテロを続けてきた武装組織バスク祖国と自由
   (ETA)が武装解除するらしいっすね」

アリス「時代の流れね。もう民族主義でテロをやる時代じゃない。ETAはアイルランド共和国軍
   (IRA)みたいに地方政党化するのかしらね?」

紅緋「でも、コロンビアみたいに受け入れる社会の側が拒絶したら、またテロ組織に逆戻り
   ですよ?」

アリス「大事なのは、武装解除・動員解除・社会復帰。略してDDR。テロ組織のメンバーでしか
   なかった個人を社会の構成員として機能するように再教育を施していくプロセスね」

ギィ「バスクは民族の来歴が違うから苦労しそうっすね。テロといえば、今月三日にサンクト・
   ペテルスブルクでプーチン帝が訪れたタイミングを狙ったらしい自爆テロが地下鉄で
   ありやしたが」

紅緋「爆弾には金属片を混ぜて、殺傷力を高めるようにしていたらしいですね」
アリス「自爆したのはキルギス出身のロシア国籍を持った男。チェチェンの亡霊じゃない」
紅緋「ISILがアサド政権を支援するロシアを狙って起こしたテロでしょうか?」
ギィ「そうだとしても、無辜の人々を狙うやり口は認められないっすよ。奴らがテロに走れば
   走るほど、憎悪と拒絶を招き寄せるっす」

アリス「2001.9.11を境に、テロの動機は民族主義から宗教に変わったわ。動機というより
   お題目とでもいうべきかしら。彼らにとって、看板は何でもいいんだから、その時々に
   見合った服を着て出てくればいい」

紅緋「随分安っぽい話ですね」
アリス「バックのないテロ屋なんてそんなものよ。メンバーを増やすためなら、何でもするわ」
ギィ「とにかく、悪役の交代はもう終わってるっす。そうである以上、連中を早く舞台から引き
   ずり落とさないとっすね」
2017.04.07 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1338-b756192e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)