【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「フランス大統領選挙決選投票終了。勝者は事前の下馬評通り、エマニュエル・マクロン
   前経済相っす!」

アリス「FNのルペンじゃ、相手にならなかったわね」

  『エマニュエル・マクロン仏新大統領誕生へ、39歳の奇才政治家』(2017年05月08日付 AFP通信)

紅緋「でも今回、棄権又は無効票が有権者の三割出たんでしょう? それって、この前のアメ
   リカ大統領選挙と同じで、どちらがまだましかを選ぶ究極の選択だったんじゃあ?」

ギィ「それは否定出来ないっすね。片や手腕未知数の若造、片や極右の女。どちらに国の命運
   を預けるか、棄権した層も含めて皆悩んだと思うっすよ」

アリス「そういえば、ギィは投票したの? 在外投票制度はあるんでしょ?」
ギィ「在日本フランス大使館で受け付けてたっすねぇ。ただ、選挙権は、フランスは18からな
   もんで。自分、今度の誕生日でやっと18っすよ」

紅緋「国の行く先を選択し損ねましたね」
ギィ「まあ、しばらくはお手並み拝見っす。まずは5月に開かれるサミットでどう振る舞うか、
   見せてもらうっすよ」

アリス「ギィは投票できたらルペンに入れたの?」
ギィ「秘密投票! 選挙の五大公理っす! それより、ボルドーが大変っすよ」

  『仏ボルドー、霜でブドウ畑に被害 収穫量半減の恐れ=ワイン業界団体』(2017年05月08日付 ロイター通信)

ギィ「四月末の霜害で、ボルドーの葡萄が半分くらいやられたっす。アペラシオンごとの被害は
   この記事じゃ分からないっすけど、2017年ヴィンテージは将来希少になるかもしれ
   ないっすよ」

アリス「家族経営のシャトーだと大変そうね。でも、苦しい年こそ生産者が頑張らなくちゃ」
紅緋「天地人。気候、土壌、そして人の熱意。ワイン造りに必要なのはその三つだってギィさん
   に教えてもらいましたよ。きっとこの試練を乗り越えたワインは素晴らしいものになって
   いると思います」

ギィ「ん、そっすね。信じて待つしか無いっす。17年ヴィンテージが出る頃には、自分も20歳を
   過ぎてるっすから、自分でどんなものか確かめて見るっすよ」
2017.05.09 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1348-d5cb8c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)